こういう人は結局いくら収入があっても同じなんだよな。。。。

   2016/12/19 

連休明けで、Feedlyをチェックしていたら朝っぱらから、普通にバカだなぁ……と思う記事を見かけました。

思わぬ大金で狂った家計 老後破産へまっしぐら |マネー研究所|NIKKEI STYLE
いや、ばかばか言って大変恐縮なんですけど、事実なんで……。いや、ホント馬鹿な人っているもんなんですね、改めて実感。

だから、商売になっているような人も沢山いるわけですが……。

で、どんな話だったのか。

要するに、旦那が死んだんで保険金と遺族年金とかが入るようになったんだけど、あっという間に使いきって、生活が大変になってしまったという話。

住宅ローンも団信でタダになったみたいですね。

で、この記事見て思ったのは、

考え方が逆

ということ。こんなの、一々言う話でもないように思うのだが、苦手な人にとっては、難しい話なのかもしれませんねぇ……。

で、ザッと読んだところによると、この人は、予算の枠内で暮らす、という感覚ではなく、ひたすら何も考えずに買いまくる、金を使いまくる、という感じのようです。

いい年して、親にも援助してもらっているよう。親って70歳超えですよ……。

現在の収入は長女のお金とGさんのアルバイト代8万6000円、遺族年金の8万3000円ですが、親子3人分の生活費には不足するため、70歳を超えている年金暮らしの母親に毎月5万円もの援助をしてもらっているのだそうです。

ほんと凄いですね。すごすぎてぐうのねも出ない……。

ひたすら、使う、という感じなんでしょうね。

判りきったことですが、お金を使う際には、いくら使えるのか予め把握したうえで、その範囲内で使う必要があります。じゃないと、ホント面倒なことに。

こういう人はホントローンとかできるだけ組むべきでないな。カードもダメ。とにかく、手持ちで払って買う。できるだけ解りやすくしといて、払うようにしないと、わけが判らなくなり、支払い期日が来た時に払えなくなるから。

といは言え、公共料金みたいなのは、なかなかそうも行かないけど。

こういう人は、結局いくら収入があっても同じなんだよね。

ていうか、家あって住宅ローンも無く、遺族年金あったら、楽勝じゃねーか……。

保険相談・お問合せ

わたしへの保険相談・お問合せはこちらから。

髙橋 則彦(このブログを書いている人)のプロフィールはこちら

関連記事1

感想をもらえるととても喜びますw(※ 相談とかでもOKですよ。)

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は「必ず」入力が必要です。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。