自動車保険は、やはり車両保険付きで?

   2015/11/27 

今日ご紹介するのは、先日受けた自動車保険に関するQ&Aです。

自動車保険のプラン選択の参考にしてください。

Q.

自動車保険の見直しを検討中です。正直、どうしていいのかわからないのですが、そういう人向けのプランってありますか?

A.

あのですね、最終的には、好みや目的により違うのですが、一応、特定の自動車を運転した場合のための保険ということを基本として考えて、特に余計なものはやらない場合には、わたしは、以下の3パターンを基本補償として提案しています。

【パターン1】

相手(人・物):無制限
搭乗者(人身傷害(搭乗中のみ)):無制限
自車(車両保険):一般条件
その他特約:なし

【パターン2】

相手(人・物):無制限
搭乗者(人身傷害(搭乗中のみ)):無制限
自車(車両保険):車対車+A
その他特約:なし

【パターン3】

相手(人・物):無制限
搭乗者(人身傷害(搭乗中のみ)):無制限
自車(車両保険):なし
その他特約:弁護士費用特約

それぞれの提案理由

1.相手(人・物)について

まず、相手(人・物)については、可能性は低いせよ、高額なケースになると、2、3億円いくことがありますし、多少補償を下げてもあまり料金的に差が無いので、無制限を提案。ここは、みなさんほとんどの人が、そうされていますし、異論はないでしょう。

2.搭乗者(人身傷害(搭乗中のみ))について

搭乗者(人身傷害(搭乗中のみ))についても、重度後遺障害など高額なケースでは、1億6,000万円などというケースもありますので、無制限を提案します。また、相手と同様に、5,000万ぐらいにしても、人身傷害が搭乗中のみの補償なら、差ほど料金が変わりませんのでということです。

3.自車(車両保険)について

自車(車両保険)はですね、自己防衛の意味や、事故時の保険に対する満足という意味でも【パターン1】か【パターン2】が望ましいと考えますので、本来は、その2つを提案したいところです。そして、暴力団排除条項や無保険車などの関係で今後ますます自己防衛という意味で車両保険の重要性が高まるでしょう。

しかし・・・、やはり人には、それぞれ予算や考え方があります。また、買ったばかりの車もあれば、そうでない車もあります。そう考えると、やはり車両保険はそれなりの値段がしますので、【パターン3】もご用意しているというわけなのです。

4.その他特約:弁護士費用特約について

最後に、その他特約の「弁護士費用特約」については、【パターン3】のみついているわけですが、このプランだけ車両保険が無いプランになりますので、率直に言って、泣き寝入り対策でついています。車両保険があれば、相手から回収不能になっても、最悪は、自分の車両保険から出ますからね。

最後に: 自動車保険は車両保険付きで

とううわけで、一応3パターンで提案していますが、オススメは、【パターン1】か【パターン2】です。あとはそれぞれ料金が違うのでお好みで。

【参考】以下のエントリーも参考になるでしょう。

自動車保険の弁護士費用特約は必ず必要か?

わたしが車両保険があれば弁護士特約は不要と考える理由

保険相談・お問合せ

わたしへの保険相談・お問合せはこちらから。

髙橋 則彦(このブログを書いている人)のプロフィールはこちら

関連記事1

感想をもらえるととても喜びますw(※ 相談とかでもOKですよ。)

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は「必ず」入力が必要です。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。