車がトラブったのでロードサービス呼んだら、来たおじさんに久々プロを見た

   2017/08/31 

もう、既に10日くらい経つんだが、この間、車のトラブルに遭遇した。

運転席のパネル(?)の変なランプがついたのだった。

要するに、エンジンのところの水がかなりホットになっているよ!という合図のようだったので、一旦停車。で、少しネットで調べる。

で、少し休んだから、少しくらい走れるかなぁ、なんて思い、少し走るも、速攻でまた点灯。で、しゃーないので、また停めてこんどは、ボンネット開けて、水のあんばいとかを見てみると、水はどうやら問題ない模様。ちなみに、後に、問題なかったことが判明(水は)。

で、最終的には、良う判らんので、ネットで調べた通り、ロードサービスを呼ぶことに。

 

で、今回来てくれた、人がマジで良かった。保険についているサービスなので、JAFではなく、保険会社手配の提携している整備工場の人だったんだが、久々にプロを感じたね。

最初、保険会社のロードサービスの窓口の人と喋っていたんだが、全く、話しにならず、全然、整備に関する相談は不可能だった。だもんで、取り敢えず、来てくれる予定の人と直接喋ってみることに。もうそこから、そこの時点から、満足度が高かった。

ハキハキとね、こちらの質問への回答が、スピーディーで、無駄がなくてとても良かった。最終的には、取り敢えず来て見てもらうことになり、その後、自走して帰ることになったんだが、何が良かったかって、

ハッキリとしたコメントで道筋を付けてくれた

ってこと。

普通そうじゃないの?とか思う人も人によっているかもしれないが、世の中そんなのは普通じゃありません。まじで、役立たずみたいなしょもないのも珍しくはない。探してこいと言われたら、そう大変ではなく、結構普通に直ぐに探し出してくる自信があるぐらい。

というか、秋の落ち葉のように、その辺にいくらでもおっこってるイメージ。まあ、実際そうだよね。

 

もう少し言うと、結構ね、どうしても、客ではなく、業者側に無難な判断を言い勝ちになる傾向が世の中強いわけですよ。

しかし、その人は、こちらの立場というか、状況も考慮し、結構ある意味ギリギリな、決して無難ではない判断を示したのであった。

あのあたりが、プロかアマか分けるところだろうな。あくまで客目線。客の利益を考えて、自分としてのリスクをとってでも、客の利益を考えた判断を示した。解ってますよ。自分には伝わっています。

あれね、プロじゃない人なら、単にレッカー移動した方が、と言って終わりだね。あとは知らん的に。自分は、知らないのであとは勝手に決めて的にね。

まあ、そういう感じなら、3流とか5流なんだが、そのおじさんは間違いなく1流。超1流かどうかは、少し付き合ってみないと判らない。

 

もちろん、当然のことだが、無難は一切ダメで、ギリギリの判断をしまくるのが◯と言っているわけではない。それは、ただの馬鹿。

そういうキメの細かい、時には無難なだけではない、無難一択なだけではない判断が出来るというのは、それ相応の経験、自信、そういったものが、圧倒的にあるからこそのものとお見受けした。

じゃあ、その人に修理も頼めばいいじゃん、という話になるが、残念ながら結構自分ちからは、遠いところの人だったので、今現在、そういう考えにはなっていない。

実際ああいう人ならかなり安心して頼めることは確かなんだけどね。仮に、少々、高めだとしてもかなり貴重な存在だと感じたのであった。

 

実際、そのおかげで、普通に家に帰れたんで。犬もいたから、レッカーとなると、タクシーもバスも厳しく、歩いて帰るか、一人バスか、タクシーとかで帰って、自宅にあるもう一台で、残った人達を迎えに行くとか、そんなやり方でやるしか無かった。結構大変だっただろうな、と。

しかも、トラブった車には、キャンプ道具釣り道具がみっちり入っていて、翌日は、キャンプに行く予定、みたいな笑 もし、レッカーとなると、そのまま修理に出す場合、そういう辺りも絡んできた、というね。

なので、自走で帰れたから、そこら辺が全部クリアになったわけです。晩飯も、その分遅くならずに済んだし。歩いて帰ったり、一人だけ、一旦帰って迎えとかだったら、大分大変+時間もかかっただろうなぁ。寝るのも遅く。

 

ああいういかにもプロみたいな人って、もっと沢山いると助かるんだけどなぁ……。しかし、あまりいないから、プロという枠に入ってくることも事実。そんなに沢山いたら、普通に多数派になってしまい、普通、ということになってしまうからな……。

保険相談・お問合せ

わたしへの保険相談・お問合せはこちらから。

このブログを書いている人のプロフィールはこちら

関連記事

ありましたら感想を。

メールアドレスは公開されません。ので、その点は安心です。
また、* が付いている欄は「必ず」入力が必要です。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。