釣りに行ったらいきなり事故られたが意外にすんなり回収できた

  

先週末、久々バス釣りに行きましてね。この頃ちょっとご無沙汰で、前回からちょっと間が開いていました。

いつも行く場所に行ったんですがね、事件が起きました。

今回ぐらいのクラスは初めて。

 

丁度、その日二匹目が釣れたぐらいのタイミングで。

サイズも一匹目よりも、アップしたし、釣れ方もなんか気持ちよくて、ルアーも、今まで釣ったことのないワームで釣ることができたので、とても嬉しい気持ちを堪能していた矢先、事件発生。

厳密には、事故ではあるが……。

 

なんかね、小学生が、自転車で走ってきた。数人で。で、自分の方を見て、声をあげながら近づいてくる。「ブラックバスだぁーわー♪」みたいに。

その直後、

「バキッ」

「スイマセン」

という声も。

 

振り返るとそやつらが。

スイマセンって、一体何が。

 

そしたらね、池の周りの手すりに立てかけておいた、自分の竿に激突してたんだわこれが。

なもんで、流石にスイマセンだけでは……となり、小学5年生ということだったので、親御さんを呼ぶ。

で、初めは、竿代を払って貰おうと思ったんだが、ハッとして、こういう場合は修理代など最小限が原則であることを思い出す。

なもんで、メーカー休みっぽいので、釣具屋さんに問い合わせる。したら、今回のケースだと、修理がきかないので、丸々、という話に。で、自分のは2ピースなので、折れた方半分買えば、よろし、ということに。よって、その部分の代金だけ貰うことに。

初め、Amazonで価格調べて(全体の値段)、先方に伝えたので、先方はそれを持ってきたのだが、本来の責任以上に払って貰うわけにも行かないので、上述の最小限の額で、示談としたのだった。

 

最初、電話で親御さんと喋った時は、スムーズに行かなそうな感じも少し匂ったんだが、実際は、それは違うものだった。

なので、案外スムーズで、もしも、最悪、ゴネたらしゃーないかとも、少し考えたりもしたが、無事に回収できたのだった。

500円とか千円とかの話ではないが、しかし、車の事故ほどの額でもなくて、なんせ中途半端。

しかしながら、払わないという人から、回収しようとなれば、本格的に行動せねばならない。まあ、小さければ、回収もしやすいかもしれないが……。

でも、内容証明とか送りつけて、反応なければ、本格的に訴訟手続きとかを検討せねばとなるわけで……。面倒臭すぎる。暇で、尚且つやる気があれば別だが……。実際どうだったか……。

 

なので、帰りに、釣具屋で、注文して帰ったんだが、直送は出来ないらしく、また取りに行かねばならんらしい。

別に儲かるわけでもなし、ヒマダレばかり。まあ、半分は新しくなるが……でも、別にそんな嬉しくもないが……。

なので、ほんと事故って微妙だわ。改めて。うかうか竿も置いておけない。次回から気をつけねば。特に子供には。

 

あと、こういうときの保険はやっぱ入っとくといいと思った。賠償問題はさ、相手有るし、損害評価もあるし、大変なのよ、色々と。たまたま自分は、職業的にスムーズだったが、別に楽しいものではない。金額的にも保険料はそう高くないので、入っとく方がいいと改めて実感したのだった。

入ってれば、その点は安心して、子供を遊びに出せるし、そういう心配と言うかストレス的なものからも開放されるので、楽である。

まあ、実際、入っていると認識していないだけで、ある種無意識に入っているようなケースは少なくないと思われるが……。

保険相談・お問合せ

わたしへの保険相談・お問合せはこちらから。

このブログを書いている人のプロフィールはこちら

関連記事

ありましたら感想を。

メールアドレスは公開されません。ので、その点は安心です。
また、* が付いている欄は「必ず」入力が必要です。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。