サービス残業って実際犯罪なんだよね

  

この前、あるお客さんと話してて、サービス残業の話になりました。

で、その人が言ったのは、結局イタチごっこなんですよね、というもの。タイムカードでバレないように、早めに押させて、残業させたりもするから、なんても言っていた。

自分もそういったケースが有ることは普通に知っているが、どこか違和感があり、この前調べてみたら、やっぱりみたいな。

 

そんなに労働問題詳しくないが、イタチごっことかのレベルの話ではないんだろうな、無いはず、という感じがしていたものが、案の定的中でした。

そういうの、普通に犯罪なんだよね。

ケースにより、罰金刑だけとか、懲役まで設定されているものとかあるようだったが、残業時の割増賃金を払わないのは、懲役の方だったようなので、サービス残業は、割増賃金どころか、そもそも丸っと払わないわけだから、当然割増分も払わないわけで、そしたら、懲役の方にも該当してくると思われる。

 

しかも、そんな、タイムカード早めに押させたりしたら、事実の隠蔽なわけで、かなり悪質性が増すと考えられ、より犯罪性が高くなる。

税金なんかで考えると、意図的な脱税みたいな感じと似ているように感じる。

 

あと、まあ、犯罪と言ったって、殺人罪みたいなものと、脱税や、インサイダー取引みたいなものでは、性質が違うわけだが、しかしながら、法律で罰まで規定されているような種のものではある。

それだけ、国民の生活、利益にかかわる、かかわりやすい類のことだからだろう。

やはり、大昔から、そういうなんだろう、資本家的な。雇う側が、クビになったら困る方に、それを盾にやりたい放題やってきた歴史があることが実感できる。だから、そういう法律ができたんだと思われる。調べてないけど。

なので、みんながみんな、サービス残業?ふざけんな何言ってんの?そもそも犯罪だべな。というような人ばかりなら、こういう問題はあまり起きないのだろうけど。ただ、そこにはやはり、雇用環境というものが大きく関わってくるのでね。なので、選挙は大事、ということは言うまでもなく。

そういう環境を良くしたければ、制度も大事だけれど、起き難い雇用環境を作る。作ってくれる政党・政治家に投票する、ということが極めて重要になってくる。

 

というわけで、調べたら普通に犯罪でした。だから、そういう会社とか経営者って、犯罪者ってことになるんだなぁ……。まあ、推定無罪の原則はあるわけだが……。

 

で、今週末は衆議院選挙。

今年の年末前後には、かつて無いほどに、戦後最大の緊張が高まると言われています。北朝鮮問題ね。

そうなると、実際問題、他国の首脳と信頼関係があるのは、安倍首相をおいて他にはいない。もちろん、その手腕、考え方という意味でもとても優れている。

先に述べたように雇用環境という意味でもそうなんだが、間違っても変なところに投票しないようにしたいものだ。

 

おそらく、自分は、今回も維新と自民になるだろう。

小選挙区は、自分のエリアは維新の候補者はいないので、自民の人に。比例は維新かな。

だって、それ以外にまともなとこないでしょ。

意味不明なこと言ってたり、単なる選挙互助会とか。論理矛盾甚だしかったり。

 

前は、維新が出来る前は、自民とみんな、でバランスとってたんだが、残念な結果に終わった。最後はもう変なことになったね。

結局安定感があるのは、大手の自民党という感じ。

やはり、そういう感じのとこが2つ出来るためには、ノウハウとか組織力とか経験とかいろいろなものを考えると、自民党が2つに割れる以外には実現不可能なのだろうか。

ただ、一院制とかになると大分違うだろうな。

保険相談・お問合せ

わたしへの保険相談・お問合せはこちらから。

このブログを書いている人のプロフィールはこちら

関連記事

ありましたら感想を。

メールアドレスは公開されません。ので、その点は安心です。
また、* が付いている欄は「必ず」入力が必要です。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。