少し前に、ある保険会社へ確認したら、誤りが判明したことがあった

  

少し前に、ある保険会社へ確認したら、誤りが判明したことがあった。

保険金の支払い時期についてだったんだが、保険料が入金前だったので、入金確認後に、払う、というものだった。

で、そのケースでは、口座引き落としのケースで、入金確認が取れるのが、約一ヶ月後だった。

ふーーーん、みたいな。

台風で、被害が出て、修理できるだけ早くしたいだろうにな、とか思いながら。まあ、修理業者の都合もあるんだが……。

まあ、でも、契約約款でそうなっているとかなら致し方ない面だなとは思って、一応、当然ちゃんと契約上の双方の権利義務として、根拠となるものはあるんだろうね?と尋ねてみた。

もし、ないのであれば、そうなります、ではなく、そうでいいですか?というスタンスで、了解を取り付けなければならないような種のものだ。

 

で、保険会社の回答は、根拠有るって事だったんだけど、具体的な条文を確認したら、全くのトンチンカンで、お前よく真面目にそんなこと回答してくるなぁ、と思ったもの。だもんで、当然、直ぐ指摘。

したら、初めがんばってたんだけど、全然論理的ではなく、意味不明なので、指摘しまくる。したら、お待ち下さいとなる。

選手交代である。

組織ってこういうもんだよね。

あ、その前に既に一度交代していたので、合計で3人目か。

 

結論をいうとね、根拠ありませんでした、と最終的にはなりました。

なんでも、勘違いしていた、とのこと。勘違いして、いつもそうやっていたらしい。

その人も面白かったんだけど、前置きがなんか長いんで、結論から言うように促す。

したら、間違ってた、とか言う。

じゃあ、根拠無かったんでしょ?って聞いたら、根拠はあります、とか言う。

???

しかし、理解が誤っていた、と。

じゃあ、はじめに言ってきたようにやるための根拠は無く、よって、繰り返しになるが、根拠なし、ということじゃねーか?と指摘したら、そうだとなった。

馬鹿なんだろうね。。。。

めんどくせえ。

なんで、そんな難しいというか、面倒くさい回答の仕方するんだろうか。素直に、ありませんでした。と言えばいいのに。そして、もう少し付け加えたかったら、その上で、理解が誤っておりました。なので、今回こうなります、と言えばいいのにね。

要するに、根拠と思っていた条文の理解が誤っており、その条文では、冒頭のようなことをやるための根拠にはなり得なかったという話。

 

なので、直ちに保険金が支払われることとなった。

今まで、ずっと、沢山の案件で、権利がないのに、支払う側の優位を利用して、あたかも権利があるかのごとく、支払いを遅らせていたということになる。まあ、もちろん故意ではないにしても、自分ところで作った約款を誤って理解して、それで支払いを遅らせる、というのは説得力はないね。

利息を払うべきだろう。

保険相談・お問合せ

わたしへの保険相談・お問合せはこちらから。

このブログを書いている人のプロフィールはこちら

関連記事

ありましたら感想を。

メールアドレスは公開されません。ので、その点は安心です。
また、* が付いている欄は「必ず」入力が必要です。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。