死ぬまで拝金主義の日本人

  

不況が長かったせいなのか何なのか知らないが、金金金金言っている人は多い。

ニュースも人々の仕事の選び方、買い物、世間話基本なんでもそうだよね。

いつだかあった若い銀行マンなんて、年収がどう、出世がどうとか盛んに言っていたので、なんか欲しいものとか使いたいこととかあるの?と聞いたら、

特には・・・。

というのが印象的。

というか、こういう人は多い。

かなりの多数派のように感じる。

理由はハッキリしないが、学力をやたら気にし、進学先をやたら意識する親御さんなんかもそんな感じよね。理由がハッキリしていない。が、そんなもんだと思って、なんか不安なのでそう思っている。

全て思い込み。

なので、そういう人には、既に年収と幸福度の相関はほとんど無いので、別に野望的な、やりたいことやなりたい物が無いのであれば、そんなにそういうものを意識する意味はなく、逆に人生もったいないと言うか、つまらない時間を過ごすことになるので、基本気持ちよく過ごすことを考えたほうが、と言うと、そうなの?みたいな反応が来る。

ただなんとなくの思い込みだけでは、子供へろくなアドバイスも出来ない。

 

あと、もう間もなくという年寄りなんかでも面白いのは、今更そう使い道もないだろうに、年金が増えないとか、預金金利が低くて全然増えないとかぼやいていたりする。

今更?みたいな。

しかも大分余裕があるであろう人ほど言っている気も。

暇なんだろうね。そして、そういうことが強い思い込みとして習慣のようになっている。

多分テレビの見過ぎも災いしている。というか、ほとんどそれかもしれない。

テレビをやめて、本とかにすると大分変わるだろう。ネットでもいいけど。YouTubeとか相性いいかな。

 

というわけで、こういう考え方とかは人の勝手なのだが、全然的を射ていない人が多い。

多分、みんな本来、幸せ、を意識しての発言なんだと思われる。

なので、収入、金というものが=幸せと考えている、思い込んでいるため、こういう傾向になってくるわけだ。

もう収入と幸福度との相関はほとんどありません。昔はありました。が、アメリカかどこかの研究結果では、ドンドン下がっていまでは、ほぼ無関係、ということに。実感としてもそう。

だから、そういうのを意識して、出来るだけ、大きな会社とかに就職しようという考えは、戦略的に誤りです。

あと、向き不向きも有るし、大企業に入ったら、転勤や残業も多かったり労働は過酷というケースも多々。

しかも、こぞって大学とか行って、大卒が掃いて捨てるほどいる状況って・・・。みんなと同じようなことして、そんな市場価値あるわけが・・・という話も。

野菜や魚なんかで考えるとわかりやすいと思います。

酒だって入手がしやすくなるとレア度が下がるでしょ、と。

要は希少性なので。

ありましたら感想を。

メールアドレスは公開されません。ので、その点は安心です。
また、* が付いている欄は「必ず」入力が必要です。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。