ついこの前食べた寿司があまりに凄くて面食らったって話

  

この前の週末に、宮城県の方に出かけたんですが、昼飯を食いましてね。で、その時に思ったことを少々。

えーと、宮城県が本拠地の回転寿司屋さんに行きまして、ちょっと面食らう始末に。実は、自分の住んでいる福島にも一店あるんですが、そこは腹減ってたし、他にピッタリのところもなかったので、気にするめぇということで入って行く。

で、何が面を食らったのか言いましょう。

あのね、面積も厚みも小さかったんですよ、基本的に。

ネタのね。それもかなり。。。。。

あれはやられたなぁ、という。

ペラッペラもペーラペラ。

あれじゃあ、いくらネタの質を吟味してもねぇ、という・・・。

冒頭の店員さんの感じは良かったんだけどなぁ。。。

繰り返しになりますが、薄いだけじゃなく、とても小さい、というダブルパンチ。

 

なので、いろいろと経営していく上で大変なんだろぉなぁ、と思った次第。

元々、ある程度価格抑えめではやっていたところ。某100円チェーン程ではないにせよね。しかし、そういう中でも結構そこそこ良かったイメージ。

でも、昨今の世の中の変化で、ネタの質をもう少し上げないと客を呼べないと考えたんだろうな。想像すると。本マグロづくしとかそういうのあったもの。

で、価格をまともにするとこれまた客層的にきつい。質も上げる必要が。

というわけで、ペーラペラにして、面積も小さくした、ということなのだろう、と考えた。店を出た後の車でも改めて。

 

しかしね、自分としちゃ、両方追いかけたせいで、何者でも無いような仕上がりになってしまったように感じた。一番やったらダメなやつではないか。

やっぱり、安くやるなら、安くやるなりのやり方があるね。質で行くなら、高くてもいい人だけ対象に考える。両方やろうとすると両方ダメに・・・。

考えりゃ誰だって判るんだろうが、しかし、苦しい決断だったんだろうな、と。

 

やっぱ不況期にやってきたようなとこにはキツイ世の中だよね。まあ、あんま満足できなかったから、行くことは無いだろうけどね。あれなら、もう少し余計に払って大満足出来たほうがいいもの。悪いがあれでは捨て金と言うか死に金というか、使い方として良くないもの。ぜんっぜん満足しない。

ペーラペラのペーラペラ、と。

思わず歌にしてしまいそうなぐらいに笑

というわけで、あの「へ」の付くところに勝手に進言するとするなら、両方狙わずに、どっちかだけ狙って、尖りを出すべきと考えます。自分が客ならそうして欲しいし、そんなに尖っていたら、面白そうだから是非行きたいもの。

ありましたら感想を。

メールアドレスは公開されません。ので、その点は安心です。
また、* が付いている欄は「必ず」入力が必要です。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。