弁護士費用保険、たぶん残念ながら単独での需要はあまりないかと

   2017/10/19 

ネット証券初!弁護士費用保険「MIKATA」取扱い開始のお知らせ |株式会社SBI証券のプレスリリース 

う~ん、業界人としてはいいと思うけど、どうだろうね実際。これって、例えば、医療従事者がしょっちゅう、病人と関わっているので、一般の人よりも病気になるリスクや可能性について、敏感であるがために、生命保険に一般の平均的な人よりも関心がある人が多いのと一緒。自分も、保険の仕事をする前と後では、交通事故や賠償問題に対する意識が全く変わった。プライベートなどでもついつい気付くと考えてしまう自分がいる・・・。

そういう意味では、どういうPRの仕方をしていくのかわからないけど、そんなにたくさんの人に需要があるとは思わない。なのでやり方としては、自動車保険などに特約でセットする従来のスタイルの方が、希望者が多いだろう。つまり単純に、自動車保険の弁護士特約の補償範囲を拡大して、日常のいろいろなトラブルまで拡げればいいだけのような・・・。ここの保険会社という意味ではなく、普及という意味では大手がやるならそうやるのがいいだろう。

 

ところで、つい先日のことになるが、AmazonのKindleストアで、角川セールをやっていて、だいたい7割引きぐらいになっていたので、32冊ぐらい本をまとめ買いした。電子書籍なので、古本もへったくれも無いのだが、価格的には古本屋価格で買うことができた。ガサばらないし。そして、Kindle Paperwhiteは薄くて軽い上に、バッテリー持ちがとてもいい。あと、目にやさしいので疲れ難いし、暗い部屋でも見える。最高っ。為替の影響を受けそうだったので、その前に何枚か買っておいたのだった・・・。

by カエレバ

 

保険相談・お問合せ

わたしへの保険相談・お問合せはこちらから。

このブログを書いている人のプロフィールはこちら

関連記事

ありましたら感想を。

メールアドレスは公開されません。ので、その点は安心です。
また、* が付いている欄は「必ず」入力が必要です。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。