たまに生命保険は更新型が当たり前だと思っちゃっている人いるけどそんなことありません

   2017/10/19 

60歳を過ぎたら生命保険は「解約」か「継続」か FPが指南 | マイナビニュース 

このニュースの中でちょいと気になったところがあるのでご紹介。

入社や結婚などを機に加入して以来、数十年にもわたって何の疑いもなく払い続けているのが生命保険料だ。60歳を過ぎると死亡や病気のリスクが高くなることから、保険料もハネ上がり、定年後の家計にとっては結構な負担になる。

これ、おそらく更新型について言っているんだよね。更新型(10年定期型とか、15年とか・・・)は、基本的に、更新の時に更新時の年齢での保険料に変わっていくから、当然年が増せば増すほどメチャクチャ高くなっていく。中年ぐらいなら、倍とかで済むけど、60代とか70代とかだとそれどころじゃない。

で、ここで問題なのは、たまに人と話すと、これが当たり前だと思っちゃっている人がいること。これ全然あたりまえじゃないから・・・。なんでも、メリットとデメリットはセットなので、更新型にもいいところはあるし、使い方によっては、最適な場合もある。ただしかし、ずっと基本入り続ける前提で言えば、管理し易いのはずっと料金が一定のやつだろう。それなら、契約後時間が経って、後から料金がガッツリ上がることを忘れていて困ることはないので、ストレスもない。なので、そういうヤツあるんで・・・。むしろ・・・。まあ、納得して、好きで選択している人はいいだろうけど・・・ずっと入り続ける前提の人ではほぼいないだろうけど。。。。

 

ところで、先週末カミさんがアセロラ味の鏡月を買ってきたので少しご馳走になったら、これがまた甘くて飲みやすいの。なんでも近所の人にご馳走になって、美味かったんで買ってきたんだとか。こんなのあったんだね、知らなかった。テレビでCMしてるらしいけど、テレビほとんど見ないもんで・・・www 鏡月久しぶりだったなぁ。

サントリー ふんわり鏡月 アセロラ 700ml
by カエレバ

保険相談・お問合せ

わたしへの保険相談・お問合せはこちらから。

このブログを書いている人のプロフィールはこちら

関連記事

ありましたら感想を。

メールアドレスは公開されません。ので、その点は安心です。
また、* が付いている欄は「必ず」入力が必要です。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。