保険商品が複雑なのは保険会社の思惑か!?ってか複雑か?どうでもいいけど相談相手は中身で選ぶべきでしょ。。。。

   2017/10/19 

NEWSポストセブン|高額で複雑な生命保険 「わからんけど凄そう」と思わせるため 

う~ん、要するに、保険会社が自分達がやり易いように、わざわざ保険商品を分かり難く作っているのではと言いたいようだ・・・。その前提で考えれば、まるでユーザーを巧いこと騙そうとしているような、巧いこと煙に巻いてやろうと考えているみたいに感じる。。。。どんだけ、いくらでもまともなサービスを提供してユーザーにいくらでも気持よく金を払って貰おうという気が無いのかといった感じだ。まあ、その辺のことは、あくまでも、その前提で考えた場合の話だが、保険会社はしばしばそういった感じの目を向けられることは事実だろう。そういった点については、いかに信用されていないのかということが判る。

その前に、そもそも保険商品は複雑だろうか?確かに一見解り難いような面は否定しないが、しっかり一つ一つ見ていけば、その一つ一つは非常にシンプルであることが解る。

おそらくだけど、一部のまともな人を除いては、かなりの割合の人間が良く保険について理解せずに仕事に従事していて、ユーザー側もほとんど保険に関する知識が無い(普通。ある意味当たり前。)中で、良く理解していない人間に、加えて、下手クソな説明をされれば、ユーザー側が例え優秀でも、それは解り難いと思うだろうwww つまり、保険が解り難いというよりは、供給側のレベルの問題が大きいのだ。

保険は、要するに、一定の条件に該当した場合に、所定の契約内容に基づいて保険金が出るという極めてシンプルなもの。あとは、値段はいくらなのか、ということぐらいだ。例えば、自動車保険なら、賠償保険と傷害保険(人保険)と車両保険(物保険)がセットになっているし、生命保険で言えば、今はシンプルな単独契約のものが多いが、国内社のアカウント型とかは、終身保険(死亡保険)や定期保険(死亡保険)、医療保険やガン保険的なものがセットになっているだけだったりする。

なので、繰り返すが一つ一つ見て整理しながら理解するようにすれば、大したことはない。あと、どれがいつまでで、解約返戻金があるタイプなのかとか、掛け捨てなのかとか。本当は、いい感じの人に頼めば、シンプルに解り易く説明してくれるんだけど・・・。例えるなら、一つ一つは、鶏唐とか、煮物とか解るけど、いろいろ詰め込んであるんで、全体的に見ると把握しづらいみたいな感じかと・・・。

結論

保険商品を保険会社がワザと分かり難く作っているのかどうかは別にしても(確かに、シンプルに出来る余地はあって、何でこうしないんだとか思うときは実際にある。)、保険の相談は、見た目の爽やかさとか、とっつき易さとかよりも、その相談相手の中身で選ぶべき!!ちゃんと解りやすく良心的ないい感じの人に頼むべきだろう。

 

ところで、話は全く変わるが、自分の好きな小説の中にこの小説がある。タイトルの通り、官僚の話なので、役所とか政治家とかが登場する話。ドラマ化もされているので、はじめは、それを見て、その後紙の本で2、3回見て、で、Kindle版が出ているのを見つけたので、それもという具合。なので、もう何度も読んでいる。レンタルDVDでも何度か。雰囲気も含めて、なんか好きなんだよな。

官僚たちの夏 (新潮文庫)
B0099FLLQ4

保険相談・お問合せ

わたしへの保険相談・お問合せはこちらから。

このブログを書いている人のプロフィールはこちら

関連記事

ありましたら感想を。

メールアドレスは公開されません。ので、その点は安心です。
また、* が付いている欄は「必ず」入力が必要です。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。