地震保険、まったく入らないと補償ゼロなんで、実際はどの程度やるか検討するのが現実的かと 値上間近!!

   2016/12/19 

[なっ解く]地震保険への加入 火災保険と必ずセット : いきいき快適生活 : yomiDr./ヨミドクター(読売新聞) 

そもそも、地震保険って地域にもよるけど、我々の地域なんかだと、値段は低めなんでね。あと、高めの地域っていうのは、都市部の方だったりするので、物価とか給料も高めだったりなので、その辺のバランスと言う意味では、都市部でもそこまでモロに高いというわけでもないかと。

で、こんな感じ↓

地震保険平成26年7月値上について

既にこれまで何度も書いているように、今年の7月には値上げが決定されているわけなんで、その前に長めに入っちゃうのがお得。

それと、これは顧客から助言を求められた時に言うのだが、全く入らないと補償は基本ゼロ。幾らかでもやっておけば、いくらかは補償がある。従って、ゼロという決断をする場合は、本当に慎重にやるべきだろう。実際、ゼロか100かみたいな選択は極端過ぎる。なので、どのぐらいやるか検討するのが現実的だ。

それと、契約の際は、割引制度も用意されていて、条件を満たし、所定の確認資料を提出すれば割引も受けられる。中でも一番クリアしやすいのが、建築年割引だ。これは、昭和56年の6月1日以降に新築された建物が対象。割引率は地震保険料の1割。確認資料は一度、提出すれば更新の度に出す必要はないので提出は通常一度だけ。それと確認資料だが、代表的なものは、

・建物の登記事項証明書や

・建築確認通知書

とかそんな感じのやつの写。ポイントは、新築という点。(◯◯年◯月◯日新築みたいに)これが、改築とかだとダメ。あくまでも新築。

 

ところで、事務所でルンバを使うようになってから数年が経つ。ハッキリ言って病みつき。というか、掃除ははもうお任せという感じ。その分他のことに時間が使える。使ってみた感じは、自分の場合は、上のグレードのやたらといろいろな機能やなんかがついているものは不要で、下位のもので充分というか、コスパを考えるとそれがベスト。

iRobot ロボット掃除機アイロボット Roomba620 ルンバ620
by カエレバ

保険相談・お問合せ

わたしへの保険相談・お問合せはこちらから。

このブログを書いている人のプロフィールはこちら

関連記事

ありましたら感想を。

メールアドレスは公開されません。ので、その点は安心です。
また、* が付いている欄は「必ず」入力が必要です。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。