2/15(土)あたりの大雪被害、結局2,000億程度に膨らむ見通し

   2016/12/19 

時事ドットコム:2月の大雪被害、保険金2000億円規模=損保業界 

今年の2/15(土)あたりに降った大雪被害が結局損保業界全体で、2,000億程度に膨らむ見通しだ。当初は、600億程度と見られていたが、そんな話ではなかった模様。ちなみに阪神・淡路大震災のときで800億弱であったことに鑑みれば、その凄まじさを改めて痛感。

・この間の大雪被害の損害保険金が600億に上る見通し 

まあ、うちなんかでも請求の手続き全部終わったわけじゃないので、どの程度までかは別にしても、まだ増えるかと。ただ今回の件は、津波で街全体を流されたり、放射能が漏れたりということもなかったせいか、3.11の時から見ると大分ソフトな印象だ。やっぱり、あの津波と放射能のダブルパンチは強烈過ぎた。。。

また、今回の雪の被害では、主にカーポートとテラスが多かったが、中には、塀というケースも。。。意外。それと、ビルの駐輪場。これは大きいだけに一般住宅の数十万とかの損害とは違い桁が違っていた。あと雨樋もあったなー。これらいずれも建物にかけていた火災保険に請求対象。それと自分のところではないが、中には、工場とか、タクシー会社の車庫とか、凄く大規模な被害もあったようだ。

 

ところで、この本前に読んだんだけど、とても良かった。値段に対するパフォーマンスは相当高い。

保険相談・お問合せ

わたしへの保険相談・お問合せはこちらから。

髙橋 則彦(このブログを書いている人)のプロフィールはこちら

関連記事

感想をもらえるととても喜びますw(※ 相談とかでもOKですよ。)

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は「必ず」入力が必要です。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。