三井住友海上、パワハラ上司が原因で社員が首吊り自殺か!?

   2016/12/19 

三井住友海上、社内で社員が首吊り自殺か~背景に上司のパワハラと、根強い旧社意識? | ビジネスジャーナル 

損害保険大手の三井住友海上の社員が、上司のパワハラが原因で、首吊り自殺に及んだ模様だ。しかも首吊り。。。

発覚したのは昨秋

 昨秋、一流企業として知られる三井住友海上火災保険で、パワハラ問題に関連した内部告発文がマスコミ各社に寄せられ、話題を呼んだ。この告発文は三井住友海上の監督官庁でもある金融庁にも出されたが、その後の展開について話は聞こえてこない。

会社(三井住友海上)は、かん口令

 告発文は、衝撃的な出だしで始まる。「三井住友海上・駿河台ビル新館で、自殺があった。43歳の営業課長が会議室で首吊り自殺をした。発見者は警備員であり、会社はかん口令を敷いている」というものだ。

原因はパワハラか!?

記事によれば、告発文では、自殺の原因を、“社内でのパワハラ”と推論。同社は、2001年10月に三井海上火災保険と住友海上火災保険が合併して誕生。いまだに、社内では“三井派”と“住友派”が派閥抗争を続けているらしく、そういった状況の中で、この事件は起きたみたいだ。

三井住友海上内では、2社の合併後も旧三井財閥、旧住友財閥の主要企業との取引は合併相手側には渡さない。旧社の派閥意識を抱えたままの体制となっている。

上司も部下も三井、自分だけ住友、そして、パワハラ上司

そうした中、住友出身の本人が、旧三井財閥の主要企業を得意先とする重要部署の営業課長となるが、上司も部下も三井出身者に挟まれ、さらには、上司はパワハラ上司だった模様。

その上司は、

・部内の女性社員が直接自分に口をきくことを許さない

・机の引き出しの開閉音がうるさいと、部下全員に引き出しにスポンジの装着を強要

・ホチキスの音が煩わしいと、自分の在席時にはホチキスの使用を禁止に

・朝礼などで「自分は社長を目指しており、邪魔者は断固除外する」などと公言していたとか

・過去に何度かパワハラで問題に

という感じなのだが、これまでは営業成績が良好なことや上司との関係がいいために、なんのお咎めもなく切り抜けてきたらしい。。。なので、今回のケースでも同様だった模様。。。

最後に

というわけで、凄い上司だね。ホチキスだとか、スポンジだとかって、頭オカシイんじゃないだろうか。。。あとは、女性職員と喋らないとか、なぜ?www まあ、世の中いろんな人いるからね。。。

具体的な内容は判らないけど、自殺するなら、その前にいろいろネットに投稿してみるとか、悪事を録音、場合によっては録画して逆にイジメてみるとかできなかったのかな。じゃなければ、普通に会社やめるとか。

この挟まれたような人事だって意図的なのかどうか判らないけど、厳し目の言い方をすると、環境に適応出来ていれば、こうはならなかった。昔、恐竜が氷河期に絶滅したように・・・。

こういうケースだと、どうしてもその上司が悪人で、本人が被害者のような構図になり易いが、実際のところは判らない。ただ、言えることは、世の中は、昔から弱肉強食なのだから、生きていくためには、常に環境に適応していく能力が求められる。従って、そのためには、常に自分を鍛えていかなければならない。今時は特に・・・。

これから、損保ジャパンとかも合併を控えているけど、いろいろあるんだろうな。。。

保険相談・お問合せ

わたしへの保険相談・お問合せはこちらから。

このブログを書いている人のプロフィールはこちら

関連記事

ありましたら感想を。

メールアドレスは公開されません。ので、その点は安心です。
また、* が付いている欄は「必ず」入力が必要です。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。