高額判決のせいか、やたらと自転車の保険の話題が目立つ ま、料金は大したこと無いからさっ、と

   2016/12/19 

1億円の自転車用保険はオーバーか? 日経トレンディネット 

なんか昨年とか、今年あたりとか立て続けに、1億円弱とか5,000万円弱の高額判決が出ているせいか、やたらと自転車事故や自転車に関する保険の話題が目につく。で、この冒頭の記事にしても1億円の自転車用保険はオーバーか?というタイトルだったりするわけだけれど・・・。

う~ん、要はコストの問題でもあるわけだけれど、この手の保険って、基本大したこと無いから。。。値段。。。自転車保険と言っても相手に対する賠償の機能と、自分のケガの方と分けて考える必要があるけど、1億とかなんとかってのは、普通は賠償の方。

で、自転車とかについてのものだと、個人賠償責任保険って言うやつで、通常備えることになるんだけど・・・ま、せいぜい年間で1,000いくら(円)とか、2,000いくら(円)とかの世界だからさっ、そんなのどうでもいいんじゃないの!?

間に合うぐらい入っておけばいいじゃないの!!これが例えば年間10万~20万とか、100万~200万というんだったら、吟味する必要性も解らなくないけども。。。

で、ちなみにだけど、個人賠償保険では、一般論として、

個賠、対象事例

こういったケースなどいろいろカバーされる。

それと、支払事例で言えば、1億だとか5,000万というようなやつ以外では、

個賠、支払事例

こんなのもあったり。むしろこちらの方が現実的かと。(某保険会社のチラシから引用)

あと、これまで、我々のところでは(たぶん他所もそこまでの差はないかと)、自動車保険に特約で申し込むと、無制限示談交渉付きで、年間1,200円とかで入れたけど、これが7月以降は、2,100円になるんだけど・・・それでも悩む必要は無い値段だね。これは、詳しくは聞いてないけど、高額判決と消費税と、以前は国内のみだったのが、国外でも1億までは、対象になった影響かなーーーと。

 

ところで、今朝はこちらを読んだ。元外務省主任分析官、佐藤さんの本。今は作家として活動している人だねー。鈴木宗男さんのあの事件とかの関係の。本の中身も検察とか鈴木さんとかそういう感じの内容だった。事実について書かれているだけにインパクトあったなー。

保険相談・お問合せ

わたしへの保険相談・お問合せはこちらから。

このブログを書いている人のプロフィールはこちら

関連記事

ありましたら感想を。

メールアドレスは公開されません。ので、その点は安心です。
また、* が付いている欄は「必ず」入力が必要です。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。