保険代理店の再委託問題、代替スキームが明らかに!!

   2016/12/19 

昨年末から保険業界を賑わしている、例の金融庁が、違法なのでNOー!!と叫んだ、いわゆる保険代理店の再委託問題について、本日最新の情報を独自に入手したので、記事にする。ちなみに、今回取り上げている、その再委託の問題については、以下の記事が参考になるだろう。

・金融庁からの突然のXmasプレゼントで保険業界激震!!!あなたの担当者も変わるかも

・保険代理店の再委託問題、金融庁約一年で是正させる方針

情報の入手先

一応、出処は明らかにしないということになっているので、具体的に公開することは差し控えるが、ボンヤリと言うと、某大手損害保険会社勤務の20代(たぶん)男性職員、Mさんから、入手した。あの近頃また保険金のことなんかで話題になっているあそこ。

というかもう、大手は3グループしか無いので、そのどれかということにはなるんだけど・・・。で、彼は、セミナーの誘いに我々の事務所を訪れたようだったけど、その日は都合が合わないのでダメだね。。。しかし、いつも数字数字と楽しいとは言ってはいたが、実際はどうなのか。。。ちなみに、そことは取引関係はない。

出ました3社間スキームっwww

さて、話題を戻そう。昨年の暮れに、保険会社を監督する金融庁は、もう何年も(おそらく軽く10年とかは)前から散々やってきている、保険代理店と委託契約という形の契約をし、業務を行う委託型使用人(委任型と言う場合もある)というやり方について、今更ながら保険業法違反なので、ダメだということを言ったの。

で、今年の初めに正式に通達を出すと各社に告げたわけ。そして、予定通りになり、報告徴求命令という形で、命令が出た。なので、まずは、調査して実態を把握して、金融庁に報告。そして、今年度中に違法状態を解消することに各社なっているのよ。

金融庁は今回、保険代理店が保険会社から委託を受け、さらに、誰かに委託をするというのは、保険業法で禁止している再委託にあたるとしているため、原則として、雇用、出向、派遣という形以外はだめだと言っている。

従って、これまで保険代理店と委託契約でやっていた人は、今後は再委託ではなく、

1.直接保険会社と委託契約をするか(合意できればだけど)

2.その保険代理店に勤めるか(1に同じく、合意できればだけど)

3.廃業

の3点しかメニューがないわけ。

で、損害保険各社は、得意の足並みをそろえるということで、仲良く手を握り合って、どういうやり方にするか(いい方法はないか)相談をしていたということ。そして、今回その内容が明らかになったのだ。

これは、既に決定したものということなので、各社こんな感じで行くんだろう。

決まった内容 → 名付けて脱法スキームwww

何か抜け道的なものを探しているようなことを前からチョイチョイ聞いていたので、かねてから自分は、脱法スキームと呼んでいたwww だって、素直に考えれば、上記の3点しか無いのに、なんか考えるって、考える必要無いだろー!!!としか思わないよねwww

で、ようやくその辺の話をすると、実際の話、脱法以外の何物でもないと言った印象。。。その職員曰く、「今回のポイントは、生保を主にやっている保険のなんとかとかの保険ショップを規制するのが主な目的のようなので・・・」と言っていたが、そんなことは知っているが、それでも言っていることとやっていることが違うとしか思わないわね。。。

そのスキームとは

3社間スキームと言って、要は実態としては、これまでと同じ(ような感じ)で行くようだ。違うのは、その委託型使用人だった人は、そのスキームでは、保険会社と委託契約をする点。(個人代理店)

しかし、勤務代理店とか言って、元の保険代理店の事務所に勤務はするみたい。。。で、契約関係は、それぞれ保険会社との契約なんで、保険会社はそれぞれに対して別々に責任が生じるわけだけど、その辺の管理とか指導業務を、元の保険代理店に委任(委託)するようなイメージでやるんだって。。。

だから、微妙には、契約関係とか違くなるんだけど、実際はこれまでと同じ感じなんだねーーーー。。。。だから、これまで委託型使用人として、仕事していた人は原則、そのまま移行する流れだとか。(勤める人と辞める人以外は)

しかし・・・今回の件は、事前に金融庁に相談し、了解をとってから決めることになっていたようなので、了解とったみたいだ。良く金融庁もOKしたもんだ。それなら、こんなに大騒ぎする必要あったのかね。。。

業界の再編に繋がればと、多少なりとも期待していた自分は、不発に終わった今回の件について、やっぱりかという印象。こういう展開も当然予想していたため、大した驚きはないが、もしかしたら、流れが変わるかもと期待していたので残念。またの機会だね。

保険相談・お問合せ

わたしへの保険相談・お問合せはこちらから。

髙橋 則彦(このブログを書いている人)のプロフィールはこちら

関連記事

感想をもらえるととても喜びますw(※ 相談とかでもOKですよ。)

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は「必ず」入力が必要です。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。