東京海上は首位奪還に向けて大号令らしいが、逆に問題が増えそうな感じも。。。

   2016/12/19 

東京海上、なぜ首位陥落でも安泰?合併の副作用や内部混乱でもたつく損保他社を尻目に攻勢

損保各社の合併により、長年首位に君臨していた東京海上は、規模ではなく利益が重要!と表向きは言いながらも、実際は首位奪還に向けて大号令をかけているらしい。

「正直、上からの締め付けは厳しいですよ」。東京海上の関係者は、こう漏らす。損保業界では営業現場にゲキが飛ぶのは珍しいことではないものの、首位陥落が決定的となった今、その激しさはかつてないほどだという。同氏は、「新聞や雑誌のインタビューで社長や幹部は『規模にこだわらない。重要なのは利益』と言っていますが、とんでもない。社内では首位奪還への大号令がかかっていますよ」と打ち明ける。

号令かけても、それなりのメリットを提示できなければね。。。

そう言えばつい先日、同社職員がうちの事務所に来たときに業界の話や仕事の話をしたけど、同社では、近頃以前にも増して、一層男性職員の役割が取引先の保険代理店を増やすことや保険の顧客を増やすことに特化してきたと言っていた。

さすがに直販(保険会社の職員が契約の手続きまで直接行うこと)までは行っていないそうだが、かなりそれに近いようなこともやるようになってきたと。最終的には、同社の委託契約をしている保険代理店に繋ぐそうだが。

ただ、大号令と言ってもね・・・余程差別化ができていて、ユーザーから需要のあるものでもあるのなら別だろうが、ハッキリ言って、どこも大した差はないわけで、そうなると半分騙したようなやり方(あるいは全部とかwww強引な押し売りとか、脅したりのような強引な手法でも使わないと号令かけたとこで大した効果はないだろう。

つまり、絶対的とまで行かないまでも、最低でもそれなりのメッリットを提示できなければ、相手は興味を示さないだろうし、まして保険代理店に対しての場合、会社法上も競業避止義務(損害賠償の対象)があるし、契約上も既に契約中の保険会社の了解をとらなければ、契約違反になってしまう。

従って、強引にやれば契約解除というデメリット(リスク)が付きまとうわけなので、号令とかかければどうにかなる問題ではない。相手のリスクをどうクリアするのか、あるいは、それを上回るメリットを提示出来るのかといったところ。

押し付ければ上手くいくのなら誰でも出来る

で、このようにヤレヤレとうるさければ、当然社内でもいろいろと問題が生じてくるものだ。

こうした強引な方針には社内の反発も少なくない。年明けに10年以上前の保険金未払い問題を読売新聞に報じられたが、この発端は「現状に不満を持つ社員が新聞社に内部資料を持ち込んだ」(東京海上関係者)という社内からのリークだったという。読売新聞の大阪版にはその社内資料が写真入りで掲載されており、社内の混乱を露呈する格好となった。

ま、相場は決まっている。。。例えば郵便局のハガキとかわかり易い例。今どきハガキの需要(使いたい人)は減る一方なのに、売れ売れと働いている人間に攻め立て強引にノルマを設定したところで売れるものではない。

なんせ買いたい人が減っているのだから。。。ちなみに、バイトの人にもノルマを設定するらしい。。。ハガキが売れないのは売り方が悪いからですか?それも原因としてはあるかもしれない。そこは完全に否定まではしないが・・・しかし、大半の原因はハガキを使いたい人が減っているということだろう。

その結果どうなるのかというと、既にお判りのように、自分で買って、リサイクルショップに持って行ったりとか、いろいろと不正が起きる。ハガキ以外では、郵便の配達員に対しても、かなり大量に郵便物を配達させるようで、配達しきれないので配達しないでどこかに隠したり、捨てたりとかってことが。

雨も降っていないのに路上で傘を売ろうったってそりゃあね。。。

だから、仕事をこなす仕組みやユーザーが是非買いたいと思うような魅力的な商品も用意しないで、ある種暴力的に押し付けたところで、ダメなんだよね。そうある種の暴力だ。知恵を絞ったり努力は必要だが、誰だって限度はある。そう、ドラえもんだって・・・。かわいそうに。。。

暑い日でもないのにビールやアイスを売ろうったって売れるはずがないし、雨も降っていないのに路上で傘(普通の)を売りたいと思ってもそうそう売れるはずはない。むしろそんなに売れたら驚きでしかない。

というか、そんな状況なら需要が無さそうなことは明確なわけで、そんなことをしようとすること自体がナンセンスと言わざるを得ない。まあ、サラリーマンの場合、会社から言われたら基本やるしか無いのだろうけど。。。

なので、東京海上も提供しているもの(保険やサービス)が他所とそう変わらないのに大号令とかだけやっているようでは、逆効果となり、そのうちいろいろと厄介な問題が増える可能性が高いだろう。。。

保険相談・お問合せ

わたしへの保険相談・お問合せはこちらから。

このブログを書いている人のプロフィールはこちら

関連記事

ありましたら感想を。

メールアドレスは公開されません。ので、その点は安心です。
また、* が付いている欄は「必ず」入力が必要です。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。