地方自治体が税金の回収のため市民の過払い金返還請求権に債権者代位権を行使

   2016/12/19 

税滞納者が消費者金融に過払い金 福岡・うきは市が返還請求へ

この記事、あまりにも珍しいので、紹介せずにはいられない。

 福岡県うきは市は6日、市税を滞納している住民1人が法定利息を超えて消費者金融会社に支払った「過払い金」を税金滞納分に充てるため、同社を相手に返還請求訴訟を起こす方針を明らかにした。
=2014/06/06 西日本新聞=

このニュースは、福岡県のうきは市っていう市が、税金を払わない市民から回収するのに、その市民の持っている債権について、債権者代位権を行使するっていう話。

こういうことって、法的には出来る話だし、民間とかでは割りと普通だと思うけど、地方自治体が税金を回収するためにやったという話は初めて聞く。

しかも、消費者金融への過払い金返還請求とかって。。。たぶん、この市民の人が言ったんだろね。じゃなければ、判らないハズ。そしたら、じゃあ、そこから回収するかとなったんだろう。。。

というか状況判んないけど、ジャンジャンCMしているようなとこに、その市も頼めばいいだけでは・・・。

保険相談・お問合せ

わたしへの保険相談・お問合せはこちらから。

このブログを書いている人のプロフィールはこちら

関連記事

ありましたら感想を。

メールアドレスは公開されません。ので、その点は安心です。
また、* が付いている欄は「必ず」入力が必要です。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。