病院に入院した場合の食事の自己負担額が引上げに 早ければ2015年度中にも

   2017/10/19 

医療保険財政を建て直すために、病院に入院した場合の食事の自己負担額が引上げになるようだ。

入院食費、倍近くに引き上げへ 保険財政改善で厚労省

厚生労働省は2日、公的医療保険の制度改革に関し、一般病床などに入院する患者が医療機関に支払う1食当たりの食費の自己負担額を、原則260円から、倍近くの460円に引き上げる案を固めた。

ちなみに、在宅医療の場合は、食費は全額自費みたい。早ければ2015年度中の実施を目指す模様。入院時の食費は、一般病床や精神病床で1食640円と定められているそうで、患者はこのうち食材費分として260円を負担し、残りは公的医療保険から給付されているんだって。

2040年までは高齢化が進むと言われているわけだから、こういうニュースは今後まだまだ増えるだろう。少子化対策とかしても大人になるまでには20年はかかるわけだし、移民を受け入れるしかないのだろーなー。

保険相談・お問合せ

わたしへの保険相談・お問合せはこちらから。

このブログを書いている人のプロフィールはこちら

関連記事

ありましたら感想を。

メールアドレスは公開されません。ので、その点は安心です。
また、* が付いている欄は「必ず」入力が必要です。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。