火災保険で事故(被害)があったときに写真を撮らずに修理してしまうとどうなるのか???

   2016/12/19 

最近あったことで、風でベランダが壊れたというものがあった。で、火災保険の契約者の人で、尚且つ対象となる事故だったので当然請求の準備を。ほんで、修理する前の状態の写真と修理の見積を準備するよう説明。(通常、業者に見積を依頼するときに写真も依頼すると撮ってくれます)

後日連絡が有り、準備が出来ましたということだったので、こちらも必要書類を準備し、その人と会うことに。そしたら、会うなりまずはじめの第一声は、「写真を撮ったカメラがみつからなくなりまして・・・」という言葉が・・・。

ついさっき連絡貰った時に、準備出来たってことであなたの家に出向いたんですがみたいな。。。まあまあまあ・・・。で、探しても、その日は結局みつからず、みつかり次第連絡を貰うことに。

そんで、結論から言うとなんとか保険金の支払いは問題なく出来た。その顧客と会った時には既に修理が完了していたのだが、一応見てみたら、修理をした跡がある程度確認できたので、修理後ではあるけど写真を自分が撮って、でもってその旨保険会社に説明してとりあえず挙げたわけ。

したら、金額的にも低かったこともあってかそのままOKという運びに。良かった良かった。極たまーにこういうことがあります。修理後に電話を貰うとか。(ちなみに、この人も修理前に写真をとり、修理後に連絡だったけど・・・。そして、見積は取っていなかったため修理後に取ることに・・・。余談。)

ちなみに、保険金の支払いが確定した旨知らせるために電話をしたところ、「カメラ見つかりましたwww」と言っていた・・・。

最後に

原則は損害の事実を証明してもらうために修理前の写真は必ず必要です。今回はたまたま運良く大丈夫だっただけで、修理がそっくり取り替えるようなケースで、全くと言っていい程損害を判定できないようなケースでは、保険金を支払うことが出来なかったでしょう。

要は、事実確認が出来ないので、壊れたのかどうか。どんな風にどの程度壊れたのか。が、判らないと払いたくても払いようが無いわけです。というわけで、連絡は、修理する前にできるだけ早く。写真に必ず残して絶対になくさないようにしましょう。(クラウド保存とかしてれば、端末がなくても問題ないのだけど。)

保険相談・お問合せ

わたしへの保険相談・お問合せはこちらから。

髙橋 則彦(このブログを書いている人)のプロフィールはこちら

関連記事

感想をもらえるととても喜びますw(※ 相談とかでもOKですよ。)

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は「必ず」入力が必要です。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。