超激辛料理が好きな人がいる理由

   2016/12/19 

そう言えば、先日ネットでちらっと見たんだけど、辛いものを食べるとなんとかエンドルフィンとか言う奴が脳の中で分泌されるんだとか。通称、脳内麻薬なんても言われていて、鎮痛効果もあるらしい。

http://goo.gl/m4VhM2

これを見た時になるほどなーっと思ったのだった。というのも、絶対と言っていいぐらいに辛い物好きがたまにいて、そういう人は、カレーとかを超激辛とかにして食べたりする。

自分も辛いものはそこそこ食べるし、好きなんだけど、流石にそこまでの超激辛みたいなのは、理解できない。口が痛いだけで、罰ゲームみたいな。。。

で、この記事を見た時に、やたら辛いものが好きな人の顔が自然に思い浮かんだ。Facebookのアップを何度か見たことがあるし。その人はココイチのカレーをたしか一番辛いぐらいのレベルで食べていた。それも何度も。

考えてみると、その人と脳内麻薬という言葉がピッタリ来るんだよね。好きそーだなとwww 食べた後すっきりするのかなー。もしくは、嫌なことを忘れられるとかね。

というわけなので、興味がある人はご参考に。ただ、やり過ぎると悪影響があるみたいなので、くれぐれも程々に。なんでも程良い程度があるので。

保険相談・お問合せ

わたしへの保険相談・お問合せはこちらから。

髙橋 則彦(このブログを書いている人)のプロフィールはこちら

関連記事

感想をもらえるととても喜びますw(※ 相談とかでもOKですよ。)

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は「必ず」入力が必要です。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。