7/1から被災した場合、契約先の保険会社が判らない場合、損保協会に問合せが可能に!!

   2015/11/27 

2014年7月1日から、災害救助法が適用された地域で、家屋等の流失・消失等により損害保険会社との保険契約に関する詳細が判らなくなった場合の照会窓口として、日本損害保険協会・ADRセンター内に損保協会・自然災害損保契約照会センターが設置されたようだ。

つまり、上述のケースであれば、保険を契約している保険会社ではなくこの照会センターに契約内容等を問い合わせることができるため、判っていればもちろん、直接その保険会社に電話なりをすれば速いが、どこか判らなくなってしまった場合には、このセンターに電話すれば契約内容などを確認することが出来るというわけだ。

なので今正に、日本国内の各地で、悲惨な状況になっているところがあるので、早速役立つだろう。

連絡先

損保協会・自然災害損保契約照会センター

ナビダイヤル:0570-001830

直通電話番号:03-6836-1003

注)通話料有料。受付時間は平日の9:15~17:00(土・日祝日、年末年始を除く)。

利用可能者は、原則として被災者本人(相続人含む)、親族(配偶者・親・子・兄弟姉妹)

    ※ シェアお気軽に!(※ 何か反応があると、書いている方としては嬉しいものです。張り合いが違う。)




※ フォローもお気軽に!!



Instagram

follow us in feedly
更新情報をプッシュ通知で知りたい場合は↓を。※ iosはこちらのアプリが必要です。



保険相談・お問合せ

わたしへの保険相談・お問合せはこちらから。

髙橋 則彦(このブログを書いている人)のプロフィールはこちら

関連記事1

感想をもらえるととても喜びますw(※ 相談とかでもOKですよ。)

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は「必ず」入力が必要です。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。