戦争、震災、疾病以外の悩みは、頭の中の気分

   2016/02/03 

たしか昨日の事だったと記憶をしているが、あるニュースアプリを見ていたら、一橋大学で教授をやられている方が、幸せについてこんなようなことを言っていた。

人間にとっての本当の意味での不幸というのは、

・戦争

・震災

・疾病

の3つであると。

なので、それ以外の悩みは、脳の中の気分であると考えるようにしていると、ある記事についてコメントしていた。ちなみに、その「ある記事」というのは、なんだったかほとんど記憶にはない。

比較的若い人が何かについての考えというか、感想のようなものが述べられているもので、それについて、「そんなことで悩むんだから幸せだということ」みたいにこの教授がコメントしていたと記憶している。

で、このコメントを見ての感想だが、たしかになーっと思ったので、記事にしてみた次第。もちろん何と比較するかということはあるし、価値観の問題もあるが、世の中を総合的に見た時には、不幸について上記の3点という考え方は、納得感があるように感じる。

特に日本は、世界的に見れば、

・治安も良いし

・水も綺麗で

・食事も美味い

なんて言われている。

あと、

・社会保障もちゃんとあって

・生活保護なんかもある

他にもいろいろ恵まれた点はあるけど、とりあえず主なところを上げればこんなとこ。そして、言われていると表現したが、実際にそうなんだと思う。国によっては、未だに選挙も無ければ、言論の自由もないところもあるぐらいだし。運悪く、そんなところに生まれなかっただけでもツイているというものだ。

ということなんで、日本に住んでいる人は特に冒頭の3つに該当しない限り幸せで、何かに悩んでいて不幸だと思っているとすれば、単に捉え方の問題で、別な言い方をすると贅沢な悩みということになるだろう。

海外通の人からすると、水と安全が確保されているだけで幸せだと言っていたりするし、日本に来たい人はいても、日本から出て行きたい人っていうのは、そうそういないなんてことも言われたりする。

なので、今何かに悩んでいて不幸だと感じている人は、このことを一度考え、気持ちを切り替えてみるといいだろう。

    ※ シェアお気軽に!(※ 何か反応があると、書いている方としては嬉しいものです。張り合いが違う。)




※ フォローもお気軽に!!



Instagram

follow us in feedly
更新情報をプッシュ通知で知りたい場合は↓を。※ iosはこちらのアプリが必要です。



保険相談・お問合せ

わたしへの保険相談・お問合せはこちらから。

髙橋 則彦(このブログを書いている人)のプロフィールはこちら

関連記事1

感想をもらえるととても喜びますw(※ 相談とかでもOKですよ。)

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は「必ず」入力が必要です。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。