【不払い問題】現役社員 vs 当時の上司&東京海上の損害賠償請求訴訟、第2回口頭弁論

   2016/02/03 

東京海上社の現役社員が以前の保険金不払い問題について、当時、上司の指示でやったことを、その社員の独断でやったとする嘘の報告書をその上司に捏造され、責任をなすりつけられたことで、会社から不当に降格されたとして、会社とその当時の上司を提訴した訴訟の第二回口頭弁論が行われたようだ。

“不払い”めぐる東京海上vs現役社員法廷闘争

この問題はそもそも大分前に世間を騒がせた問題だが、今年の初め頃に再度問題が再燃したもの。

東京海上11年前の保険金不払い問題が再燃

で、以前にも書いたけど、冒頭に書いたようなことが関係しているのだ。

東京海上不払い問題、実際は組織ぐるみで不払いを隠蔽か!?会見内容は虚偽と指摘

今回出た一番上の記事を読む限りでは、どちらも事実無根みたいなことを主張しあっているようで、どういう決着を見せるのかは、まだまだこれからという感じだろう。ポイントとしては、その報告書が当時の上司によって捏造されたものだとすれば、原告側(その社員)がそれを立証できるかどうかという点。

会社から指示があったということならその点を証明できるかどうか。当時の上司からのメールだとか指示書のようなものがあれば比較的やり易そうだけど、そうじゃなければ、被告側がなんかボロを出して、整合性の取れないことを言わない限りは・・・。

あるいは、客観的に見て信憑性が高そうな当時の具体的なメモとか。いずれにしても、原告側に立証責任があるわけだから、ちゃんと立証できなければ賠償請求権は認められないだろう。今後の展開を見て行きたい。

最後に

実際何が事実なのかはこの段階では、客観的には判らない。しかし、もし仮に、この社員の主張の通りのことが事実だったとすれば、大変酷い話で、到底容認できることではないので、この社員の人には是非頑張って立証して欲しい。

    ※ シェアお気軽に!(※ 何か反応があると、書いている方としては嬉しいものです。張り合いが違う。)




※ フォローもお気軽に!!



Instagram

follow us in feedly
更新情報をプッシュ通知で知りたい場合は↓を。※ iosはこちらのアプリが必要です。



保険相談・お問合せ

わたしへの保険相談・お問合せはこちらから。

髙橋 則彦(このブログを書いている人)のプロフィールはこちら

関連記事1

感想をもらえるととても喜びますw(※ 相談とかでもOKですよ。)

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は「必ず」入力が必要です。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。