日本では訴訟というとハードルが上がるけど、交通事故とかである程度喋って合意できなそうだったら淡々と訴訟で決着というのもありな気がする

   2015/11/27 

仕事柄交通事故には普通に関わっているけど、色々なケースがある。でも大きく分けると、

・比較的合意できるケースもしくはどちらかが一方的に責任を負うケースで、両者の事実認識や言い分に特に差がないケース

・合意が難しいケースで、両者の言い分や事実認識に差があるケース。

あと、双方の責任について、法的な評価を無視して、感情論を展開し続けるケースでも合意は難しくなる。。。日本は法治国家なので、実際こういうのが一番手に負えない。メチャクチャな論理を展開し続け、こちらの話は受け付けない(聞かない)で、挙句思うように行かないと、保険会社の対応が悪いと理由付け、更新の時に他に契約します!!みたいなことも極たまーにある。

もちろん、感じ方は人それぞれなので、それはそれなのだが、自分としては、こういうタイプの人は、どれだけ額の大きい契約でも、お引き受けしたいとは思わない。また、感じ方は人それぞれでも、世の中のルールも何もお構い無しで、自分がルールみたいなのでは、リクエストに応えるのにも限界がある。というか、実際変な人だなと。笑

で、前から結構思っているのは、交通事故の示談交渉というのは、当たり前のことをあえて言うと、民事なので、当事者が金をどう払うかって問題。借金の回収と基本的に違うのは、向こうは、契約関係を前提とするので、債権額がハッキリしている。

で、交通事故は、不法行為と言って、契約関係にあるもの同士が、契約不履行を起こしていると言う話しではないので、まずは、幾ら払ってもらうか?という点からのスタート。だから、裁判みたいに、第3者が両者の言い分を聞いて、一方的にある意味勝手に結論を決めるというのではないので、つまりは、相手があることだから、お互いにある程度合意する気がないと、極端な話いつまでも、それでは駄目だとか何だとかってことを永遠とやっているようになる。

なので、極端なこと言えば、一方がいくらまともな根拠に基づいた主張や提案をしても相手がウンと言わなければ、いつまでも終わらない。もちろん逆もあるし。そうなると、単純な事故でも簡単に一月二月経っちゃって、気付けば半年とかってことにも結構簡単になるわけだ。

自分はそういうケースって本当にアホらしいなと思うわけなのだ。しかも、そういうのに限って、金額にすると、2万とか3万円ぐらいの差でいつまでもやっていたりする。どっちもどっちなんだろーね。自分なら、ある程度喋ってみて、頑固一徹みたいな感じなら、その時点で、訴訟か、しょっちゅうあることじゃないんだから、割り切って、少々不満が残っても終わらせるか選択をするね。

というか、小さい額なら、諦めめます。その方が余程いい。時間の無駄、無駄なストレスを減らすための快適料である。どうせこの世の中、時間をかけたり、訴訟をしたりで、強引にむしりとったところで、価値観や考え方の違いは埋まらないし、第一、おそらく2度と会わないような人に理解を求めてもどうしようもない。

加えて、分かり合えない人とはどうやっても分かり合えないということは極普通にあることなので、そういうことをしようとすること自体がナンセンスということもある。実際、保険会社の人間でもそういう人いるんだけど。。。解ってないのか、自己満足かどちらか。

というわけで、自分は人生の限られ時間を少しでも楽しく面白く過ごしたいので、そんな、つまんないことに、つまんない額で、時間を消費したくはないのだ。額の問題じゃないという人もいるけれど、完全に額の問題です!!

自分の家族や部下とかだったら、別な意味や目的で額というよりも考え方などを詳しく説明するということはあろうけど、繰り返すが、交通事故は、基本2度と会わないような人同士で、考え方や価値観が全く違かったりする中での話だったりするのだ。

なので、額の問題として考えるべきで、お互いにとってもその方がいい。法律的にもどっちがどのぐらい払うかって話でしか無いわけだから民事の場合。

あと、このタイトルにも書いたけど、それでも多少時間かかっても納得行くまでやりたいみたいな場合は、自分の最大限譲歩出来るとこまで提案して折り合いつかなかったら、淡々と訴訟に移行したらいいだろう。

「では、こちらの考えは、最大限譲歩してもこのぐらいなので、それで合意できる場合は一週間以内にご連絡ください。」

「ご連絡がない場合は、交渉決裂と受け取り、直ちに訴訟の手続きに入ります。」

みたいな方がサッパリしていいなー。だから、そうしたい感じの人は弁護士特約は付けておいた方がいいね。自分は、感情論とかは基本ないので、付けないけど、額が小さければ、結構どうでもいいし。大きい場合は、最悪、車両保険もあるから、自分の保険に請求かけるからさっ。

時間の方が貴重なので。しかも、つまんない思い出は出来る限り作りたくないし。あと、訴訟の場合、今のところ裁判所は平日しか開いてないので、その点もある。それと、ケースによっては、遠くの裁判所に行かないとな場合も。

    ※ シェアお気軽に!(※ 何か反応があると、書いている方としては嬉しいものです。張り合いが違う。)




※ フォローもお気軽に!!



Instagram

follow us in feedly
更新情報をプッシュ通知で知りたい場合は↓を。※ iosはこちらのアプリが必要です。



保険相談・お問合せ

わたしへの保険相談・お問合せはこちらから。

髙橋 則彦(このブログを書いている人)のプロフィールはこちら

関連記事1

感想をもらえるととても喜びますw(※ 相談とかでもOKですよ。)

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は「必ず」入力が必要です。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。