「認定保険代理士 髙橋 則彦のちょっと使えそうな話 平成24年7月号(10)」

   2015/11/27 

部屋干

洗濯物を部屋干しする際のポイントについて、先日、某大学教授が言っていたことをまとめてみましたので、よろしければお試し下さい。

(洗濯物を部屋干しするにあたって)

1.通常通り洗濯をしてもニオイがきついものは、熱湯をかけ1分程つけ脱水をかける。(殺菌する。)
※ 特に殺菌しなくてもニオイのきつくないものについては、通常通り洗濯し脱水をかける。

2.浴室に干し、換気扇および扇風機等(上を向ける)を回し乾いたら完了。

(1時間当たりの電気料金)

※ 契約プランにより、差が出る場合があります。

扇風機   約1円程度

換気扇   約0.7円程度

(ポイント)

熱湯をかけることにより、ニオイの元となる雑菌を殺菌し、2の方法を用いることで、単に部屋干しをするよりも乾くまでの時間が早くなるため菌の再繁殖(ニオイの元)を抑えることができます。

・洗濯物に付着する雑菌は、70度以上で殺菌される。

・換気扇を回すことにより、湿度を低下させることができる。(乾きを早くする)

・扇風機を回すことにより、洗濯物の水分を飛ばすことができ乾きを早くする。

(浴室に物干し竿が無い場合)

突っ張り棒等を使うことにより干すことが可能になります。
※ ホームセンター等で購入可能です。

ルンバがやって来た

皆さんは、ルンバをご存知でしょうか?以前に一度本書で取り上げたことがありましたが、お掃除ロボットです。

先日インターネット経由で、通常より、かなり安く買えることが分かり、試しに当社の事務所用に購入してみました。

結論を申し上げます。

最高です。とても優秀です。

正直ここまでの感動を与えてくれるとは、思いませんでした。そして、人が掃除をする時代は終わりに近づいて来たのかもしれないと思いました。

元々は、地雷を除去するために海外で開発された技術のようですが、かなり働き者だし、隅々まで綺麗にしてくれます。そして、掃除が終了すると自分で充電に戻って行きます。

さて、気になるお値段と安さの理由は以下の通り。

値段      29,800円位(販売業者により、若干の差はありますが、私は、この値段で買いました。(送料込み。))

安さの理由   国内正規輸入品ではなく、米国で通常販売されているものであるため。

米国正規品のようですが、国内の業者(資本内容は、分かりません。)が販売しているようですし、保証も付きますし、日本語にも対応しています。通常、国内正規輸入品で、同等品の場合は、6~7万円前後はします。(一番下のグレード(自分で充電に戻らないタイプ)でも5万円前後はします。)

家電量販店等でも大抵販売してますので興味のある方は一度ご覧になってみて下さい。

保険相談・お問合せ

わたしへの保険相談・お問合せはこちらから。

髙橋 則彦(このブログを書いている人)のプロフィールはこちら

関連記事

感想をもらえるととても喜びますw(※ 相談とかでもOKですよ。)

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は「必ず」入力が必要です。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。