「認定保険代理士 髙橋 則彦のちょっと使えそうな話 平成24年6月号(9)」

   2015/11/27 

主食をやめると健康になる

私たちが毎日食べている米飯やパン。これらの「主食」を控えれば、肥満や糖尿病など様々な生活習慣病が予防・改善できます。と主張する専門家の意見を最近耳にしました。

そもそも大昔は、現代で言う主食が手に入らなかったためそのようなものは食べていなかった(誰もが糖質制限食を実践していた。)、ということです。

もちろん様々な意見はあるようですが、当該専門家の意見では、糖分(炭水化物)の摂取を減らすことが糖尿病にもダイエットにも効果があるということで、極端かもしれませんが、お酒なんかも「糖質ゼロ」のビールならいくら飲んでもいいなんて意見もあるようです。

医学的には疑問もなくは無いようですが、世の中の怪しげなダイエットとは違い医学的な根拠があり、副作用もない。何よりいいのは、面倒なカロリー計算が必要ないことだ。ということだそうです。

よろしければお試し下さい!!

<簡単>とろーり卵の中華風あんかけ丼

<簡単>とろーり卵の中華風あんかけ丼

(材料)※3~4人分

ほうれん草        2株

カニカマ         4本程度

卵            2個

・水           700CC

・ダシの素        小2

・醤油          大2

・みりん         大1

・ごま油         小1

・塩コショウ       少々

ゴマ、紅生姜(お好みで) 適量

〔あん〕※.好みにより調整

片栗粉          大2

水            大1

1.鍋に・の調味料を入れ沸かします。その間に、ほうれん草は2~3cm幅に切りカニカマをほぐし、卵も良く溶いておきます。

2.カニカマはフォークで裂くと簡単です。片栗粉も水で溶いておきます。

3.鍋の調味料が沸騰したら中火にし、ほうれん草、カニカマを入れ1分程茹で水で溶いた片栗粉でトロミをつけます。

4.その後、良く溶いた卵を回しかけて、フンワリとなったら、ご飯に掛けて出来上がりです。

5.お好みで、ゴマ、紅生姜を乗せてお召し上がり下さい。

ポイント

あえて、片栗粉でとろみをつけた後、卵を入れます。その方が、フンワリします。ご飯に掛けずにそのままでもいけます。上記で示した具材は、ほんの一例です。結構いろいろあいますよ。

よろしければお試し下さい!!

私の花粉症の季節がやって参りました!!

只今、花粉シーズンの真っ只中でございます。思えば既に原因不明の花粉症と付き合い始めてから約18年になります。

だいたい毎年、4月の下旬から7月下旬位(梅雨明け位)まで花粉症に苦しみます。

しかし、今年は、例年より軽いような気がします。

通常であれば、薬をのまなければ生活に支障がでますが、今年はまだそこまでには至っていません。

このまま終わればいいのですが・・・。

保険相談・お問合せ

わたしへの保険相談・お問合せはこちらから。

髙橋 則彦(このブログを書いている人)のプロフィールはこちら

関連記事1

感想をもらえるととても喜びますw(※ 相談とかでもOKですよ。)

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は「必ず」入力が必要です。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。