保険約款はちゃんと読むべきという意見の記事がおもしろい

   2015/11/27 

保険の契約約款について、ちゃんと読むべきだみたいな意見が書かれている記事があったので、ちょっと自分のコメントを書いてみる。

「保険の約款」を読んで、理解できますか?

で、この記事の約款はちゃんと読んで、内容を理解しておくべきみたいな意見については、基本的には賛成で、反対する理由は特に見当たらない。まあ、自分の契約内容について、ある程度理解をしておくに越したことはないので、そんなの見ない方がいいとか、見るべきじゃないという話にまでには通常の場合、どう考えてもならないわけで、ここはとりあえずこれ以上のことを書く必要はないだろう。

ただ、目的を達成するための手段の合理性としてはどうなのか?と考えた場合、必ずしも合理的だとは思わない。なぜなら、記事でも触れているが、保険約款というのは、保険会社とユーザーのお互いの権利義務について、第◯◯条◯項◯号とか書いてあって、ただズラズラと条文が書いてあるだけなのが通常なので、解りやすいものではないからだ。

なので、目的が自分の契約内容について、ある程度重要な点を理解しておくということなら、自分は、いきなり約款を読むことは勧めない。加えて、約款は、その保険商品全てについて書いてあるものなので、自分に関係のないことも普通にたくさん書いてあったりする。

じゃあ、何を勧めるのかと言えば、生命保険と損害保険でも少し違うが、基本は、見積書(設計書)とパンフレットで充分だろう。というか、パンフレットは、約款の内容を見易く作っているものなので、むしろそれを利用しない手はない。なので、その辺りで、全体像をやポイントを理解をし、細かいところで、それらに出ていなければ、必要に応じて約款ということに。

ただ、余程見たい人でなければ、保険の担当者やカスタマーセンターに電話をかけて聞いた方が楽だし、慣れない人が見る位なら、その方が確実。しかも、どうせ保険料払っていて普通タダなんだから、その辺のサービスはドンドン便利に利用すべき。そういうヤツも保険料で運営しているんだからさっ。使わなきゃ損だ。

たまーに、余程人に聞くのが嫌なのか、なんなのか熱心に約款とか読んで、挙句最終的に自分達にほぼ丸々確認するような人いるけど、だったら初めからそうした方が早いし、楽。あと、みなさんは、保険の仕事とかするとかでなければ、せいぜい何か保険について考えるタイミングって普通は1年に1回も無いぐらいなんだから。

その時覚えたこととか普通に直ぐ忘れるし、その点も時間かけて覚えても意味ない理由。人間って使わない情報は、脳から削除されたり、すごい隅の方に追いやられることになっているからね。だから、その都度大まかに理解をして、その都度キチント判断をしておけば問題ないでしょ。

あとは、保険も今は法律で消費者保護になっているし、約款というのは、通常認可制で、そもそもそういったことに配慮することになっているので、余程契約の時に無理解でなければ、入っている保険が、思っていたものとは全く別物だった!みたいなことにはならないかと。

というわけで、基本は、約款を熱心に読んだり、精読したりする必要はありません。見たい人だけ、見たいだけ見ましょう。笑 せっかく保険料を払っているのだから、担当者や問い合わせ窓口を便利に使おう。

    ※ シェアお気軽に!(※ 何か反応があると、書いている方としては嬉しいものです。張り合いが違う。)




※ フォローもお気軽に!!



Instagram

follow us in feedly
更新情報をプッシュ通知で知りたい場合は↓を。※ iosはこちらのアプリが必要です。



保険相談・お問合せ

わたしへの保険相談・お問合せはこちらから。

髙橋 則彦(このブログを書いている人)のプロフィールはこちら

関連記事1

感想をもらえるととても喜びますw(※ 相談とかでもOKですよ。)

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は「必ず」入力が必要です。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。