あの財政破綻をした夕張市の医療事情がすごい

   2015/11/27 

極論するとそうなんだろう。

北海道の夕張市の医療事情について、お医者さんが話している記事なんだけど、要するに夕張市は財政破綻したので、病院とか以前あったものがなくなっていて、でも、結果として死亡率、医療費、救急車の出動回数、全て下がった、ということらしい。

病院がないほうが死亡率が下がる! 夕張市のドクターが説く、”医療崩壊”のススメ

これについては、他のニュースサイトで、批判的というか反論するコメントも見かけたけど、基本的にはそうなんだろう。というか、実態としては実際どうなのか定かではないけど、これって、「これしか無いので、この中でよろしく!!」みたいな話なのではないかと。

無ければ、それ以上にはならない的な。病院たって、近くになければ無いなりの利用のしかたになるでしょ。しかも人間ある程度諦めというか、前提として、近くにないと思っていれば、その前提で暮らしていくもんだよね。それが嫌な人は、引っ越すだろうし。引っ越さない人は、不便でも不便なりに暮らすからいいよみたいな。

それって、近所に飲み屋とかないから、余り飲みに行かなくて、飲むとしてもほとんど家飲みだから、その辺りの出費はあまりない、みたいな話と似たようなものかと。逆に直ぐそばに店だらけの環境のマンションに引っ越したら、しょっちゅう飲みに行くようになって、お金が忙しくなったという人も。

まあ、だから、経済の関係もあるだろうけど、日本は、高齢化社会でイケイケドンドンみたいな経済状況では無いわけだから、なるべく早く、実力にあった予算の中でやりくりするようにすべきなんだよね。無い袖は触れないんだから。

自国通貨でやっているのだからという話もあるけど、通貨を発行するにも限界があって、発行しまくればしまくる程、価値が下がるので、いずれ限界は来る。

というわけで、かなり極端な内容の記事だったけど、一つの参考事例ではあるでしょう。

 

    ※ シェアお気軽に!(※ 何か反応があると、書いている方としては嬉しいものです。張り合いが違う。)




※ フォローもお気軽に!!



Instagram

follow us in feedly
更新情報をプッシュ通知で知りたい場合は↓を。※ iosはこちらのアプリが必要です。



保険相談・お問合せ

わたしへの保険相談・お問合せはこちらから。

髙橋 則彦(このブログを書いている人)のプロフィールはこちら

関連記事1

感想をもらえるととても喜びますw(※ 相談とかでもOKですよ。)

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は「必ず」入力が必要です。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。