自動車保険のゴールド免許割引、だんだん差が大きくなってきた

   2015/11/27 

はじめに

このエントリーでは、自動車保険のゴールド免許割引について、保険料がどの位安くなるのか具体的に書きました。自動車保険加入者はご参考に。

 

1:ゴールド免許割引

割と一般的な割引なので、ご存知の方も多いでしょう。ただ、こういう機会なので一応どういうものなのかから、解説していきます。

損害保険各社により、多少の違いはある可能性がありますけれど、ゴールド免許割引は、自動車保険のいわゆる任意保険のですね、割引の一種です。

 

2:ブルーの人より安くなる

文字通り、5年間無事故無違反ですと、免許証が更新のときにゴールドになります。(有効期限のところ)

で、自動車保険の契約の始期日(補償の開始の日)時点で、免許証がゴールドの人は通常のブルーの人よりも保険料が安くなるという割引なのです。

割とそのまんまの割引ですね・・・。

 

3:単に安くなるだけではない

さて、その割引がですね、だんだんだんだん大きくなってきています。

そして、それはもちろん保険料の公平性を担保するためのものなのですけれど、その大きくなり方はどうなっているのか?

それは、つまりですね、単に安くなるだけではないのです!

 

4:言い方を変えればブルーの人は逆

ゴールド免許割引を拡大する場合、幾らかそこを大きくするために、ブルー免許のケースを高くする。

つまり、ブルーの方から、ゴールドの方へ移動するというやり方になっています。従って、近年ゴールド免許が大きくなってきているので、その部分について、その方達は安くなってきています。

ただそれは、単純値下げではないので、繰り返しますが、ブルーから持ってきているわけです。つまり、言い方を変えると「ゴールドの人はだんだん安くなってきている」ということは、一方で「ブルーの人は、だんだん高くなってきている」ということになるのです。

それではここでどの位違うのか一例をご紹介します。

 

5:ゴールド免許とブルー免許の保険料の差(一例)

【ある自家用小型乗用車の場合】

ゴールド:年間約 95,000円

ブルー :年間約105,000円

 

計算したらこんな感じになりました。

もちろん一例なので、それによって幾らか違いますが、この例でいくとその差はザックリ年間1万円ぐらいです。

 

6:品物は同じでも値段は1万円違う

同じ品物を購入するのに1万円安く買える人と、1万円高く買わなければならない人がいる現実、みなさんはどう思いますか?

普通に考えれば、同じ品物なら、1万円安い方がいいに決まっていますよね!

野菜などを買うときのの少しの値段を考えるよりも、実際、こういったものを取りこぼし無くやっていくべきなのです。

そして、今後ますます差が開いていく可能性がありますので、そうなればなおさらです。

 

7:家計を圧迫

全く褒められた話ではありませんが、実はわたしもブルー免許です。細かい話ですが、その分余計に家計を圧迫していることになります。なので、ゴールド免許であるうちのカミさんに少々皮肉な感じで言われたことがありました。(笑)まあ、本当に少々ですし、明日は我が身なのですがね・・・。次回は、きっとゴールドになります。(笑)

 

最後に:是非ゴールドを

というわけで、今後ますます差が開いていく可能性がありますし、同じ品物なら安く買えた方がいいですから、わたしも含めて現在ブルーの方は、是非ゴールドを目指しましょう!

保険相談・お問合せ

わたしへの保険相談・お問合せはこちらから。

このブログを書いている人のプロフィールはこちら

関連記事

ありましたら感想を。

メールアドレスは公開されません。ので、その点は安心です。
また、* が付いている欄は「必ず」入力が必要です。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。