バイクの保険料を安く抑える方法

   2015/11/27 

先日ある顧客にあった時のことなんだけど、その人は、中型のバイクと、4輪の車を所有していて、それぞれに保険をかけている。で、それぞれの契約の更新で会ったんだが、消費税の関係で、値上がりになってしまったこともあってか、バイクは、年間の中でも乗る時期と乗らない時期があるので、正直、乗らない時期も保険をかけておくのは勿体無い感じがするのだよなー、という話になったのだ。

そこで、その顧客は要するに、もう少し乗らない時期の分をコストダウンできないものかという風に思っているわけなので、その辺について、自分は、いくつかアドいバイスを行った。

で、今回は、その時に行ったアドバイスの中の一つをご紹介する。

必要な期間とそうでない期間で内容を調整する

補償内容の変更は、通常、ある程度自由なタイミングで変更が可能だ。なので、何も乗らない時期まで、キチント補償がある必要はない。従って、解約までしてしまうと、必要になった時の手続きが面倒であったり、割引(等級)との関係もあったりするため、あくまで、契約は存続しておきたい、というような場合は、不要な期間は、最低も最低の補償内容にしておくのがいいだろう。

そうすれば、もちろん、等級にもよるけど、月にすると300円ぐらい(あるいはもっと低く)で済んじゃう。あとは、必要になる前に電話をして、いつからこういう補償内容でお願いしますと、担当者に電話をすればOK。あと、乗らなくなる時期にあわせて、また、電話して補償を下げてもらう。

多少の面倒はあるけど、確実に保険料を抑えられる方法だ。ちなみに、その人は、月々4,500円程度なので、不要な時期を300円程度で抑えることができれば、通常だと、年間54,000円かかるけど、必要に応じて変更すれば、例えば、年間のうち4~6月と、7~9月の計半年だけ必要ということなら、28,800円程度で済んでしまうことになる。

まあ、大体半分で済むね。あと、納得感がそれなりに。

    ※ シェアお気軽に!(※ 何か反応があると、書いている方としては嬉しいものです。張り合いが違う。)




※ フォローもお気軽に!!



Instagram

follow us in feedly
更新情報をプッシュ通知で知りたい場合は↓を。※ iosはこちらのアプリが必要です。



保険相談・お問合せ

わたしへの保険相談・お問合せはこちらから。

髙橋 則彦(このブログを書いている人)のプロフィールはこちら

関連記事1

感想をもらえるととても喜びますw(※ 相談とかでもOKですよ。)

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は「必ず」入力が必要です。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。