損害保険各社、火災保険の引受期間を縮小へ

   2015/11/27 

損保大手、異常気象増で長期火災保険の新規契約引き受けを停止へ

昨今の自然災害の増加に伴い、現在、損害保険各社が行っている、火災保険の契約期間について、10年超を期間とする契約の引受を停止する方向であるようだ。財経新聞が報じている。

ちなみに、自分のところには、それについての連絡は保険会社から、まだ何も来ていない。

で、実施時期なんだけど、来年の10月頃みたい。なので、20年とか30年とかで一気にお得に入りたいという人は、今のうちに入っておこう!

実際の影響はかなり限定的

実務感覚で言うと、全体の中で影響が出るのは、ほとんど一部だと思われる。そもそも、そんなに長く契約したいという人は、普通はいないのよ。いるとすれば、住宅ローンを組むときに、融資条件の中に、ローンの期間と同期間の火災保険に一括で加入することとなっているようなケース。

なので、火災保険の契約者は、入りたくて、そうするというよりは、銀行との契約でそうする的な面が強い。ただ、契約の更新や保険料の支払いなどの管理が面倒だから、全期間一括で銀行は要求しているようだけど、全てということでもない。そこの方針や出来るだけお願いをしているというところもあるのだろう。

で、ここ数年の感触を言えば、メガバンクや地銀などでも火災保険に入ってくださいねーとは言うものの、契約の確認はしなかったりと以前とは大分違う印象がある。

と言うのも、銀行側も火災保険に加入をさせて、保険金請求権に質権を設定したところで、その権利を行使した例というのは、まず無くて。しかし、その割に、色々と管理に手間暇(人件費)がかかるという話を以前銀行員から聞いたことがある。

なので、質権を設定していても、いなくても、火事などで家がどうにかなってしまった時は、保険金で、元に戻して、引き続き返済をして欲しいというのが銀行の本音のようだ。

まあ、利息商売なわけだからね。一気に回収しても商売にはならない。

というわけで、今は、昔みたいに、入ってとは言われるけど、質権設定は愚か契約したかどうかの確認もしないことも珍しくないというのが実情のようだ。なので、もちろん契約期間がどうという話にもならないことも普通にあるわけで、むしろ、契約しなくてもチェックしない銀行なら、火災保険自体に入らなくても判りゃしない。

実際に前、メガバンクから借りた人にいたもの。検討まではしたけど、最終的に入らなかった人。きっと、想像していたのよりも高かったんだろーなー。

なので、冒頭の件に関する影響はあんまりないのではないかと考えるところ。あるとすれば、農協の住宅ローンとか、信金とか、そういうちょっと、失礼ながら遅れてそうなところかと。

ちなみに、自分の家は、火災保険の加入は条件だったけど、質権設定は必要なかった。あと契約期間とかの細かいことも言われなくて、ローンの契約の時に、保険証券のコピーだけ出した。というか、家でやったから、コピーしてあげた。笑

だから、火災保険は5年契約でやりました。その後の確認は一切ないよーwww

    ※ シェアお気軽に!(※ 何か反応があると、書いている方としては嬉しいものです。張り合いが違う。)




※ フォローもお気軽に!!



Instagram

follow us in feedly
更新情報をプッシュ通知で知りたい場合は↓を。※ iosはこちらのアプリが必要です。



保険相談・お問合せ

わたしへの保険相談・お問合せはこちらから。

髙橋 則彦(このブログを書いている人)のプロフィールはこちら

関連記事1

感想をもらえるととても喜びますw(※ 相談とかでもOKですよ。)

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は「必ず」入力が必要です。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。