保険に入るなら実際どこの保険会社のどの保険がいいのか書いてみた

   2015/11/27 

保険は良く判り難いものだと言われる。なので、どこの保険会社がいいのか?とか、どの保険がいいのか?とか聞かれることがあるんだよねー。たしかに生命保険も損害保険も合わせるとそれなりの数の保険会社があるし、保険の種類もまーいろいろあると言えばあるからなー・・・。

ただ、実際どこもそう変わりないんだよ。あるとすれば、生保ね。生保は、大分違う。大別すると、いわゆる国内生保と言われる昔から日本で生命保険業をやっている保険会社。

例えば、「に」が付くところとか、「め」が付くところとかね。

あとは、外資系と損保系に分かれるんだけど、大きく分けると、国内生保なのか、違うのかという2つ。で、国内生保はとにかく高い。ほとんど同じような品物でも高いのよ。だから、例えると同じ大根でもAスーパーと、Bスーパーで値段が大分違うみたいな話なの。

だから、特にファンとかでなければ、国内生保以外で検討するべき。

で、その次の話で言えば、それぞれ名前をつけたりしているだけで、どこも保険の種類としては、実際ほぼ同じものがあるので、基本的には一緒。違うとすれば、枝葉の部分ですな。

というわけで、あとは何をどの程度入るかだけなので、特別高い国内生保とかで入るわけじゃなければ、プランの内容の問題になる。食材は、どこもある程度そろっているので、どう料理するかみたいな。笑

それと、答えは一人一人違うので、一概に論じることはできません。どのぐらい預金とか現金化し易い資産があるかによっても違うし、生活コストがどのぐらいかかるのか、保険にどのぐらい頼りたいのかによっても違うので。

あと、ある程度その辺の考えが固まっても、キチント合理的なプランを決定するための必要な情報(データなども含めて)がなければ判断しようがないので、その辺をしっかりサポートしてくれる担当者が必要。

どう考えても、素人の人が自分1人でキッチリやるというのはまず無理だから。あるいは、得意な人なら無理とまでは行かないとしても、非効率なので、しっかりした人に手伝ってもらう方が絶対効率的。

というわけで、結論は国内生保以外の保険会社の保険にいい担当者に相談をして、プランを決めて入るということ。

    ※ シェアお気軽に!(※ 何か反応があると、書いている方としては嬉しいものです。張り合いが違う。)




※ フォローもお気軽に!!



Instagram

follow us in feedly
更新情報をプッシュ通知で知りたい場合は↓を。※ iosはこちらのアプリが必要です。



保険相談・お問合せ

わたしへの保険相談・お問合せはこちらから。

髙橋 則彦(このブログを書いている人)のプロフィールはこちら

関連記事1

感想をもらえるととても喜びますw(※ 相談とかでもOKですよ。)

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は「必ず」入力が必要です。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。