開始から3ヶ月、炭水化物控えめにしたら簡単に5kg落ちたよ!【途中経過】

   2015/11/27 

好きなだけ食べても太らないために知っておくべき3つの基礎知識

↑の記事には、ダイエットに役立つ情報がいくつか書いてあるんだけど、中でも特に重要と考える点は、

炭水化物とタンパク質にも大きな違いがあります。人間の身体にとって、タンパク質よりも炭水化物のほうが2倍も効率がいい(=脂肪になりやすい)

タンパク質が脂肪に変わるときは、摂取したカロリーの3分の2が燃えてしまいます。例えば、300kcalのタンパク質を摂った場合、脂肪に変わるのはたった100kcaにすぎません。ところが、300kcalの炭水化物を摂ると、200kcalも脂肪に変わってしまいます。

というところ。そして、最終的には、炭水化物を少なめにするよう締めくくっているのだ。炭水化物の糖分が物凄い件については、以前、

太りたくなかったら炭水化物を控えよう!うどんやご飯を角砂糖に直した量がすごい

というエントリーで取り上げたんだけど、自分も実際に体験してみて、改めてそう実感している。具体的には、

・開始したのは、今年の7月初旬頃

は割りと普通に食べるが、平日のは、炭水化物の量は、これまでの半分の量

は、炭水化物は、本当に少しだけ

あと運動は、これまで同様に、朝晩の1回10~15分程度の犬の散歩を合計2回毎日やるぐらい。それと、風呂には毎晩30分~1時間ぐらいヌル目のお湯に浸かる。額から汗がダラダラと出るぐらい。(何にもせずには暇すぎていられないので、ずっと本読んでます。笑)ちなみに、体調管理の面でも10分ぐらいは浸かった方が、毛穴から垢や老廃物が汗とともに出るし、温まって血行も良くなるので、いいらしい。

ということをやっていると、脂肪が燃えやすい体になっていくので、より効果的。というか効果を上げるためには、そういうスパイラルを作っていくことが非常に重要となる。

そして、そんなこんなで、スタートから3ヶ月ぐらい経ったわけだけど、お陰様で普通に5キロぐらい減ってました。まあ、もっと減らすんだけど。で、ここでのポイントは、無理の無い、むしろ楽しく出来るプランでやることです。良く、短期間に急激にやろうとして、直ぐに戻る人いるけど、完璧に失敗するパターン。笑

体重だとか体型というのは、普段の生活内容の結果なわけなので、ゴールとなる、体重や体型を維持したければ、ずーーっと、それに見合った生活をしていく必要がある。従って、持続可能なスタイルでやることが基本となるのだ。なので、繰り返すけど、ストレスがかかるようなものは全く現実的ではなく、そんなやり方は、先々どうなるのか考えなくても判る。

そして、今回自分が実行しているプランは、炭水化物の量以外では、好きなものを食べまくっているので、全くと言っていいほどストレスがない。しかも、目に見えて効果が出てきているので、こんなに好きなものを食べたり楽な感じでやっているだけに凄く嬉しいし、面白い(楽しい)。以前よりも空腹感を感じられる点もいい。

というわけで、物事を成功させるには、良い循環を作ることが絶対条件なので、何事も楽しくなるような方法が必要。そうでなければ、短期的には効果が出ても、中長期的には上手くいかないだろう。今後も、ちょいちょいこの取組の結果をリポートしますねー。

 

TANITA 【乗った人をピタリと当てる「乗るピタ機能」搭載】 体組成計 ホワイト BC-754-WH
B007NSUHCS

    ※ シェアお気軽に!(※ 何か反応があると、書いている方としては嬉しいものです。張り合いが違う。)




※ フォローもお気軽に!!



Instagram

follow us in feedly
更新情報をプッシュ通知で知りたい場合は↓を。※ iosはこちらのアプリが必要です。



保険相談・お問合せ

わたしへの保険相談・お問合せはこちらから。

髙橋 則彦(このブログを書いている人)のプロフィールはこちら

関連記事1

感想をもらえるととても喜びますw(※ 相談とかでもOKですよ。)

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は「必ず」入力が必要です。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。