保険会社が潰れた場合、契約していた保険はどうなるのか?

   2015/11/27 

なんかこういう記事があったので、コメントと解説しときまーす。

知らないとマズイ…保険会社が倒産したら「保険金」ってどうなるの?

保険会社が潰れた場合、契約していた保険はどうなるのか?という点から。いきなり細かい話をしても解りにくだけなので、ザックリと説明をする。基本的な話として、保険の場合は、保護される仕組みがある。損害保険契約者保護機構とか、生命保険契約者保護機構とかっていうものだ。従って、基本的には、最悪でもここで8割~9割は、保護してもらえるのである。割合については、その保険の種類により異なる。あと、それによっては、全額とか。

ただし、世の中絶対はないけど、今の、金融庁が監督をしていることとか。保険会社を運営する上で、最低限クリアしなければならない財務状況。などなどを考えると、まあ、潰れた時のこととか、考えたらキリがないぐらいなのではないかと。保険会社も政府も過去の例にも学んでいるはずだし。それと、銀行みたいに国会の承認なしで、保険会社も資本注入(政府が金(税金)を入れる)みたいなこと出来るように法改正をするとかって話だった。

なので、もうなったのかこれからなのかハッキリしないけど、その点もユーザーにとっては安心材料だろう。しかも、最悪は保護される仕組みがあるわけだし。つまり、保険もかかっていると。だから、大きい保険会社であれば、保護機構と資本注入(これは時の政府の判断だけど)の2段構えみたいな感じなわけである。まあ、なのでよく分かんないとこに入っている人は心配なら、少し考えた方がいいだろう。

ただ、保険会社は免許制ということを考えると、その時点で一定のレベルはクリアしていることにはなるが・・・。それから、この手の問題は基本、火災保険(掛け捨て型の)や自動車保険は、まず関係ない。他に入り直せばいいだけだから。潰れるタイミングの直前や直後に事故起こした場合であれば、関係は出てくるが、そんな確率は、相当低いので、それこそ疲れるだけなので考える意味が無いレベル。

あと、その場合の払い込んだ保険料についても、余程金額が大きい場合以外は悩む程でもないだろう。それから、生命保険の場合は、掛け捨てでも、入り直すとなると、診査の問題や年齢により高くなる問題はあるけど・・・。まあ、いずれにしても保護される仕組みはあるから。今のは例えば仮に考えた場合の話。そんな、つまんないこと考えないで、人生の時間を何して楽しむか考えよう。笑

    ※ シェアお気軽に!(※ 何か反応があると、書いている方としては嬉しいものです。張り合いが違う。)




※ フォローもお気軽に!!



Instagram

follow us in feedly
更新情報をプッシュ通知で知りたい場合は↓を。※ iosはこちらのアプリが必要です。



保険相談・お問合せ

わたしへの保険相談・お問合せはこちらから。

髙橋 則彦(このブログを書いている人)のプロフィールはこちら

関連記事1

感想をもらえるととても喜びますw(※ 相談とかでもOKですよ。)

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は「必ず」入力が必要です。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。