年末調整の季節になって問合せが結構あるので『保険料控除』について解説するよ!

   2016/01/23 

今年も残り僅かとなり、段々と年末調整の時期に入って来た。そのせいか、近頃立て続けに地震保険の方しか届いていないんですが・・・。という問合せがあったので、その辺のことといくつか書いておくことにする。控除証明書は、通常、10月とか早めに送られてくる。

現在の保険料控除の種類

火災保険の方が届いていないのですが!?という問合せが立て続けにあった。なので、まずは、現在認められている保険料控除の種類を説明しよう。現在は原則、

・地震保険料控除

・生命保険料の各種控除

の大きく分けて2種類のみである。そう、なので火災保険はもうずーーっと前から原則無いのだ。だから、届かないのは当たり前。笑 ただし、例外的に以前あった損害保険料控除の経過措置として、要件を満たす積立型の損害保険は、控除の対象となる場合がある。

それについて、詳しく知りたいという場合は、この辺とか、この辺あたりを参考にするといいだろう。

初年度は証券に付いているケースもある

自分のところの火災保険の場合、契約期間が複数年だと初年度は、保険証券に付いていて、翌年の分からは、郵送というものがある。ちなみに、同様のタイプで一年契約の場合は、毎回証券に付いている。

なので、そういった場合は、今ぐらいの時期に別に届くわけではないのだ。このケースの問合せも結構多い。

控除証明書を再発行したい場合

紛失や見当たらないなどの場合は、保険会社や担当の保険代理店に電話をしましょう!で、無いので再発行をお願いしますと言えば、普通は送ってくれる。非常に簡単。届いていない場合も同様。

最後に

いかがだっただろうか。保険業界で仕事をしていると、ある種この時期お馴染みの問合せではある。まあ、特に気にしない人は、担当者などに問合せれば済むのだが、気にする人は、知っておいた方が恥をかかなくて済むだろう。実際恥でもないけど・・・。

    ※ シェアお気軽に!(※ 何か反応があると、書いている方としては嬉しいものです。張り合いが違う。)




※ フォローもお気軽に!!



Instagram

follow us in feedly
更新情報をプッシュ通知で知りたい場合は↓を。※ iosはこちらのアプリが必要です。



保険相談・お問合せ

わたしへの保険相談・お問合せはこちらから。

髙橋 則彦(このブログを書いている人)のプロフィールはこちら

関連記事1

感想をもらえるととても喜びますw(※ 相談とかでもOKですよ。)

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は「必ず」入力が必要です。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。