生保協会、高齢者の保険金未請求防止のためのガイドラインを設定

   2015/11/27 

高齢者の生命保険が未請求のケースについて、以前書いたことがあった。それについての防止策が、この程生保協会でまとめられた模様だ。NHK NEWS WEBが報じている。

生保業界 高齢の契約者への対応強化へ

生命保険協会は、高齢化に伴って保険の契約者が死亡した場合に、遺族が契約について知らず、保険金の請求がされないといった事例が出ていることから、契約の際に複数の家族の連絡先を登録することを柱にした、高齢の契約者への対応を強化するためのガイドラインを初めてまとめました。

ということで、こういった高齢者に対する対応のガイドラインは、損害保険でも同様に設定されている。これは、日本が高齢化社会である現状を考えれば当然と言えば当然だろう。また、契約は基本的には対等で、自己責任である。が、サービスを提供する側としては、ユーザーに気持良く保険料を払って貰ってなんぼなので、ユーザーの利便性や満足ということを追求することは当然だろう。

ただ、あまり、サービス提供側が過剰に、ある種面倒を見るような形は、人間の自立という意味においては、必ずしも望ましいとは言えない。しかし、現実的には、便利で利用し易いものが好まれるので、これは必然的な流れと言えよう。

    ※ シェアお気軽に!(※ 何か反応があると、書いている方としては嬉しいものです。張り合いが違う。)




※ フォローもお気軽に!!



Instagram

follow us in feedly
更新情報をプッシュ通知で知りたい場合は↓を。※ iosはこちらのアプリが必要です。



保険相談・お問合せ

わたしへの保険相談・お問合せはこちらから。

髙橋 則彦(このブログを書いている人)のプロフィールはこちら

関連記事1

感想をもらえるととても喜びますw(※ 相談とかでもOKですよ。)

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は「必ず」入力が必要です。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。