自動車保険の今後の値上がり状況について

   2015/11/27 

東洋経済オンラインに、自動車保険の昨今の値上背景やその後の状況などについて出ていたので、コメントしてみる。

自動車保険、値上げが止まらないワケ

値上について

記事にもあるように、何年も前から自動車保険は、各社赤字だった。(全社かは判らない)しかも、各社における自動車保険のウェイトというのは、通常、全体の6割程度はあるはずなので、損害保険事業を運営していく上での影響は大きい。

で、この頃値上がりが著しい理由は、

・等級制度の大幅な見直し

・消費税増税に伴う値上

の2点が主なところ。

というか、主なところではそうだけど、何年も前からほぼ毎年ぐらいチョビチョビ値上げにはなってきたんだけど・・・。追い付いていないだけで。

今後の保険料の傾向について

自分の見方では、当面は上がっていくのではないかと。

なぜなら、

今後も高齢化が進んでいく

2040年ぐらいまで高齢化が進んでいくと言われているので、その前提で考えれば、今の感じだと事故が増え保険金の支払が増えていくだろう。

自動車の修理費用の上昇

自動車に限らず物は大概の物がドンドン進化していく。自動車も例外ではなく、今や軽自動車を買う場合でも200万を超えるものも普通にある時代。塗装なんかもパールとかメタリックとか立派なものが多い。性能も向上している。なので、事故って修理するときの金額もそれなりになる。それが全体の傾向としてそうなると、保険金の支払も全体的に増えることに。

それから、ハイブリッドカーとかは、構造とか使っている部品やボディーの材質の関係からか、割りと修理代が高額になり易い傾向にあるようだ。自分の実務上での感じでもそう感じる。そして、そういう系のものが確実に増えているので、全体への影響も大きくなっていくのではないかと。

最後に

というわけで、増税を除いても、普通に今後も値上がりしていくだろう。ただ一方では、自動ブレーキや自動運転車の普及。高齢者への免許の規制強化。ということも有り得るので。5年先10年先も同じ傾向が続くとも思えない。それと、今後、医療技術の進歩などで、平均寿命が140歳になるとか、死なない人間が出現するとかも一部では言われてたりもする。あと、車もPCみたいに海外から安くていいものが入ってくるようになる可能性もある。

だから、実際のところ何年も先のことは判らない。

    ※ シェアお気軽に!(※ 何か反応があると、書いている方としては嬉しいものです。張り合いが違う。)




※ フォローもお気軽に!!



Instagram

follow us in feedly
更新情報をプッシュ通知で知りたい場合は↓を。※ iosはこちらのアプリが必要です。



保険相談・お問合せ

わたしへの保険相談・お問合せはこちらから。

髙橋 則彦(このブログを書いている人)のプロフィールはこちら

関連記事1

感想をもらえるととても喜びますw(※ 相談とかでもOKですよ。)

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は「必ず」入力が必要です。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。