犬を飼っている人ならちゃんと準備をしておきたい保険

   2017/10/19 

はじめに

今日はうちの愛犬(ボーダー・コリー)の誕生日なので、犬を飼っている人ならちゃんと準備をしておきたい保険の話を書きます。

ちなみに、今回で4度目のバースデーでございます。

 

1.絶対は無い

さて、犬を飼っている人なら誰でも可能性があることです。それは、飼い犬が他人に噛み付いてケガをさせてしまうということです。

「うちの犬に限って・・・」とお思いの方もいらっしゃるでしょうが、むしろそういう人のほうが危ない。

世の中絶対は無いのです!!!

あのメチャクチャ安全といわれる飛行機でも。

超大きなでも。

新幹線も。

そして、あの原発も・・・。

繰り返しますが、絶対は無いのです。

むしろ、事故を起こす度に、失敗に学び、改良が進み、より優れた(安全)ものになっていく。

 

2.もしそうなった場合を予め想定しておく

というわけで、うちの犬は性格もおとなしいし、しつけも行き届いているから心配ないみたいに考えている人は、今直ぐに考えを改めましょう!

おとなしい犬ほど、怒り出したら手がつけられないのです。これは人間も同じですが・・・。

それから、しつけが行き届いていても、完璧というものは存在しない。

従って、もしそうなった場合を予め想定しておく必要があるのです。

それが、飼い主としての務めでしょう。

 

3.犬が他人を噛み付いた場合に備える保険

というわけで、その場合のリスクをカバーするための保険を今回はご紹介しちゃいます。

犬が他人を噛み付いた場合に備える保険。

それは、個人賠償責任保険です。(通称:個賠(こばい))

この保険は、一般に本人およびその家族が、日常生活における偶然な事故で、他人を死傷させたり、他人の物に損害を与えたりして、法律上の損害賠償責任を負担することによって被る損害をカバーする(保険金がでる)保険です。

 

4.カバーされる事故

これに入っておけばもしも、万が一、飼い犬が他人に噛みついてケガをさせてしまった場合は補償されるのです。

そして、その他にも

・自転車運転中の事故
・買い物に行ったお店で、商品を棚から落としてしまい壊した
・その他日常トラブル

なども幅広く対象になります。

値段:年間1,000円前半位から2,000円程度

迷う必要はありません。

ちなみにわたしも、小さな子どもと犬がいますので、当然入っています。安心。

これに入っているので、出かけた先でも大分気が楽です。楽しめる。

 

5.お得な入り方

本人や家族が自動車保険(任意保険、以下、同じ。)に入っている場合は、お得な入り方があります。

それは、その自動車保険に特約で入っちゃうのです。

そうすることで、お値段割安(年間1,200円程度)、補償も充実(無制限)、示談交渉サービスも通常つきます。(一般的に)

なので、逆に、入り方によっては、示談交渉サービスがついていないものもありますし、値段も補償額も普通に違かったりします。

ですから、現在、自動車保険に契約中の方は、電話一本で入れますし、このやり方がオススメです。

 

6.注意点:国内だけの場合も

ただし、一点、このやり方ですと、補償されるのが、約款上「日本国内において・・・」となっている場合がありますので、その場合は日本国内の事故に限られるという点を予めご注意ください。ですから、他のやり方ですと、国内外問わずのものもあります。

 

7.最後に:海外のことは海外に行くときに考えましょう!

しかし、余程しょっちゅう海外に行かれる人以外は、とりあえずこのやり方でやって、あと海外のことは海外に行くときに別途考えるのがいいでしょう。

どうせ大した金額でもありませんし、いつのことか判らないようなものまで、あっちもこっちもやっていると、入っていたことすら忘れてしまい、ダブってやったりして、かえって無駄がでる可能性が高くなります。また、請求漏れが出る原因にもなりますので、オススメしません。

保険相談・お問合せ

わたしへの保険相談・お問合せはこちらから。

このブログを書いている人のプロフィールはこちら

関連記事

ありましたら感想を。

メールアドレスは公開されません。ので、その点は安心です。
また、* が付いている欄は「必ず」入力が必要です。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。