医療保険は、いずれやめるつもりなら、出来るだけ早くやめるべき理由

   2016/02/02 

医療保険は、料金の割にそこまでの金額を世話になる可能性は低いので、早めに必要なぐらいお金を貯めて、解約してしまう方が合理的論がある。これについては自分も結構賛成だ。ただし、やめる前提なのであれば出来るだけ早めにやめないと逆に損な可能性が生じるので気を付けたい。

入院するリスクというのは、高齢になればなるほど高まるもの。また、今流行りの終身タイプで契約している場合は特にだ。払込期間が完了している場合や、まもなく完了するとか。または、終身払いの場合にしても、これまで散々払ってきて、まさに今からというときに、やめてしまうのはただただ勿体無だけの場合もあるのだ。

掛け捨てでないものなら、必ずしもそうではないが、医療保険は掛け捨てタイプで契約するケースも多い。なので、その場合は、解約することで変わるのは、月々の料金の支払がなくなるという点だけ。それであれば、上述の払込期間が設定されているタイプであれば、そのままにしておいた方がどう考えてもいい。払込期間が終われば保険料の支払はなくなり、保障はずっと続くのだから。

また、終身払いのケースでも、若い頃から入っているのであれば、料金は安いはず。ならば、世話になる可能性が高まってくるタイミングで、しかも解約返戻金もないようなものを本当にやめてしまっていいのか良く検討する必要がある。

最後に

つまり、やめるかどうかは、そのタイミングによって損だったり得だったりするので、その辺はくれぐれも良く考えた方がいい。

    ※ シェアお気軽に!(※ 何か反応があると、書いている方としては嬉しいものです。張り合いが違う。)




※ フォローもお気軽に!!



Instagram

follow us in feedly
更新情報をプッシュ通知で知りたい場合は↓を。※ iosはこちらのアプリが必要です。



保険相談・お問合せ

わたしへの保険相談・お問合せはこちらから。

髙橋 則彦(このブログを書いている人)のプロフィールはこちら

関連記事1

感想をもらえるととても喜びますw(※ 相談とかでもOKですよ。)

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は「必ず」入力が必要です。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。