【生命保険】夫が不幸にも亡くなってしまった場合の、必要保障額の計算方法 1/2

   2015/11/27 

今回は、一家の大黒柱である旦那さんが、もしも不幸にも亡くなってしまった場合の保障が、どのぐらい必要か?その必要額の出し方について考えてみたい。

で、丁度良くこういう記事を今朝見かけたんだけど、この記事での考え方では、

夫が万が一のときの死亡保障は足りているか

※ 以下の画像は、上記の日経デュアルさんからお借りしました。

14_4286_01s

こんな風な考え方に基づいて算定するようだ。で、これはあくまでも一考えなので、一例として紹介してみたまで。なので、別にこれはこれなんだが、自分の考え方はいくらかというか大分違うのである。まあ、生命保険の人にありがちなのだが・・・。

夫が亡くならないと予定が狂うみたいな設定はおかしい

この考え方だと、例えば、家族構成及び年収が、

・夫、妻、子2人

・夫の年収300万

・妻の年収100万

とする。

で、上記の考え方に基づくと、言い換えれば、予算があるかどうかも判らないのに、必要だからといって全部買う前提みたいな話になる。もう少し具体的に言おう。つまり、総支出の中に教育費が入っている。あと、細かい点は後程解説していくが、まあ、大体教育費を、ある程度間に合うように想定すると、1人1,000万とかで考えるようになるだろう。

従って、子供2人なので、2,000万円と。

これは、一見なるほど!と思いがちであるが、どうだろうか?今時、特に年功序列も終身雇用もない、加えて先のことは判らない。そしたら、普通今の年収、あるいは普通の一般的な収入程度を前提に考えるべきなのである。つまりだ、この設定での家計の収入を考えると、どこからか、降ってでも来ない限り、教育費に2,000万も捻出するというのは、まず不可能な話なのだ。

なので、こういう形で保険に入るのであれば、夫が亡くならないと予定が狂うみたいな話になるのである。ローンを組むにしても何にしても、普通は収入の範囲内で、お金を支出するわけなのだから、教育費にしても同じ。

>>【2/2に続く】<<

    ※ シェアお気軽に!(※ 何か反応があると、書いている方としては嬉しいものです。張り合いが違う。)




※ フォローもお気軽に!!



Instagram

follow us in feedly
更新情報をプッシュ通知で知りたい場合は↓を。※ iosはこちらのアプリが必要です。



保険相談・お問合せ

わたしへの保険相談・お問合せはこちらから。

髙橋 則彦(このブログを書いている人)のプロフィールはこちら

関連記事1

感想をもらえるととても喜びますw(※ 相談とかでもOKですよ。)

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は「必ず」入力が必要です。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。