2015年はダイレクト系自動車保険の競争激化で保険料がダウンする!?でも、もう結構ギリギリなのではないかと

   2015/11/27 

通販型自動車保険の中間決算状況や今後の見通しについて取り上げられている記事があった。

好調の「ダイレクト型(通販型)」自動車保険 2015年は新サービス・値下げに期待|保険スクエアbang!

で、いきなりなんだけど、今後は通販型の自動車保険は、各社の競争が更に激しくなるので、今より安いところが出てくるかも!?という見方だった。各社の決算(中間)状況は以下の通り。

※ 保険スクエアbang!さんからお借りしました。

スクリーンショット 2015-01-03 7.42.14

セゾンとイーデザインが凄い。あとは、アクサも一割近い伸び。ただ一方、アメリカンホームとかは、一割までは行かないが、それに近いぐらいマイナスしている。

で、自分の見方もほぼ同じなのだが、ダイレクト系というのは、そもそも、安さが魅力なので、伸びなくなってくれば、安くするしかないかと。なので、値下げ競争の方向に行くだろうと。生保なんかもダイレクト系は伸び悩んで、銀行に販売委託を昨年から開始しているところもある。

保険は規制が多いし、お金に色もない

ただ、どうだろうね。保険の場合は、規制も多いので、何かプレゼントするみたいなのも他の業種からみると、難しい面があるし。あと、そもそも安さを売りにしてやってきているわけで、保険料を下げると言っても、結構ギリギリなのではないかと、勝手に想像してみる。

ダイレクト系じゃない損保だって、かなり経営努力している感が伺えるからね。なんせ、保険の場合は、事故があったら、お金を払うという商売。なので、お金に色はないから、ここが工夫の余地が狭まるところ。

格安スマホみたいな訳にはいかない

例えば、格安スマホみたいなのあるけど、あれは、全く同じようなスペックの端末を同じ条件で、販売しているわけではない。既存のものがオバースペックというか、そこまでなくても大分快適に使えるというような人がそれなりに多いところに目をつけたような商品。通信量も含め。

まあ、SIMフリーのハイスペックの端末を買って、MVNOのSIMも買って、自分で設定すれば同じような感じでも安く使えるが・・・。ただし、自分でってところがポイント。なので、何もかもが同じで、ただ安いだけというわけではないけど・・・。

で、それを保険事業に応用が利くのか?というと、ムリだろうね。繰り返すが、基本的には、主にお金を払うサービスなので、色はないわけだから。なので、既に既存の損保各社なんかも猛烈にやってきているように、我々の手数料も含めた人件費の削減ぐらいしかないと。

少し余談だが、損保各社は、今、給料の高い男性を少なくし、安く使える女性の割合を多くしてきている。こういう言い方もなんであるが、事実なのでありのままに書く。

で、手数料もここ数年で大分少なくなるような仕組みに変わって来た。余程好調なところでなければ、大半が少なくなったのではないだろうか。

最後に

なので、ダイレクト系がどうい感じでやっているのか分からないが、こちらも人件費を削るくらいしかないと思われる。ただ、ダイレクト系の場合、対応する人は海外の人でも仕組み的には可能なので、そうできれば、保険料を安くすることは可能そうだ。

というか、もうそうなってるのかも・・・。ただ、日本語は難しいからね・・・結構ハードルはあるかと・・・。保険は特に。

ちなみに、保険料だが、ダイレクト系も通常の代理店系もそんなに差がないという話をシバシバ聞く。代理店に手数料を払わなくて済むと言っても、その仕事自体は誰かがやらなければいけないので、丸っきり、その分が浮くわけではないわけだから。

    ※ シェアお気軽に!(※ 何か反応があると、書いている方としては嬉しいものです。張り合いが違う。)




※ フォローもお気軽に!!



Instagram

follow us in feedly
更新情報をプッシュ通知で知りたい場合は↓を。※ iosはこちらのアプリが必要です。



保険相談・お問合せ

わたしへの保険相談・お問合せはこちらから。

髙橋 則彦(このブログを書いている人)のプロフィールはこちら

関連記事1

感想をもらえるととても喜びますw(※ 相談とかでもOKですよ。)

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は「必ず」入力が必要です。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。