SoftBankが新たな補償サービス「とく放題」を開始へ

   2015/11/27 

SoftBankが新たな補償サービスを開始すると報じられている。

ソフトバンク、月額590円で様々な特典や補償、ネット保険などを提供する新サービス「とく放題」を2月4日に開始 | ガジェット通信

サービス内容

その1:2014.2.4~スタート

2/4よりSoftBankでスマホなど(タブレットも)のユーザー向けに様々な特典を会員限定で提供する新サービスということ。

その2:サービス名 →「とく放題」

・食料品や遊園地の入場券などの生活に関連する商品を最大 90%OFF で購入できる

・コンビニの人気商品の無料引換券、電子ギフトコード

盗難紛失サポート:スマートフォンの盗難や紛失時に端末を再購入する費用を最大1万円割り引く

ネットであんしんカード保険:ネット詐欺などの被害を受けた場合 → 最大20万円を補償

・Yahoo! ショッピングやYahoo! ボックスの特典も対象に

その3:サービス開始月(2月)に大特価セール

・「水 2L×6 本」が通常 1,490 円のところ → 149

・「ハウステンボス1DAYパスポート 大人 2 枚」が通常 12,200 円のところ → 1,220

で購入できたりする模様。

その4:サービスの利用料

月額 590 円+税(入会初月は無料)

その5:対応機種

SoftBankの

・Androidスマホ・タブレット

・iPhone・iPad

※ 特に書いていないがiPad miniもかな・・・。

その6:申込窓口

申込は、

・本サービスの公式サイト

・全国のソフトバンクショップ

ということ。

参考:毎日使える割引特典が満載! スマホ向け新サービス「とく放題」を提供開始 | ソフトバンクモバイル株式会社 | グループ企業 | 企業・IR | ソフトバンク 

「スマホとくするパック」に似ているらしい

記事によると、今回のとく放題は、1年前にスタートしたスマホとくするパックに似ているようだ。

厳密には一部の特典が重複しているだけで、

・とく放題 → 割引特典がメイン

・スマホとくするパック → アプリの割引がメイン

という話だけど・・・。

最後に

記事には、

有料サービスだけあって実用的な特典が多い模様です。

なんてコメントも出ていたけど、自分としてはどうだろうか・・・。基本的には、不要ですな。特に、各種補償は、確率的にも金額的にも・・・という感じ。ならばその分、投資でもして積み立てるとかの方が・・・。

最悪そうなっても、いい気持ちではないが、差ほど困りゃしない(破産や死にゃーしない)程度のリスク(額)なので、いつものごとく、こういったものを活用する程ではないというか、メリットがほとんど見いだせないという感じ。

あとは、ものやチケットが安く買えるというものは、それなりに使い勝手はありそう。ただ、どんなスケジュール感でセールが行われるのかは判らないので、なんともだけど、いつも特定のところが毎月みたいなことにはならなそうな気が・・・。(例:ディズニー好きの人 → ディズニーランドのチケットが毎月セールみたいな)

なので、その人のマッチングの問題はあるだろうけど、そんなうまい話は無いと思うので、福袋のようにいろいろ詰め合わせにして魅力的に見せてる的な面が強いように感じる。

まあ、こういうの女の人は好きだろうけど、入っても、結局ほとんど利用しないで、やめるパターンがほとんどだよね笑

なので、否定まではしないけど、基本面倒だし、不要ということで。Amazonのタイムセール辺りで充分な気が。あと、スマホ壊れて、もしも買う金があまり無かったら、ZenFone とか、他にもいくらでも安いのあるから、それで適当にやり過ごせばいいや、ということで。

【国内正規品】ASUSTek ZenFone5 ( SIMフリー / Android4.4.2 / 5型ワイド / microSIM / 16GB / LTE / ゴールド ) A500KL-GD16
B00ORDK0E2

    ※ シェアお気軽に!(※ 何か反応があると、書いている方としては嬉しいものです。張り合いが違う。)




※ フォローもお気軽に!!



Instagram

follow us in feedly
更新情報をプッシュ通知で知りたい場合は↓を。※ iosはこちらのアプリが必要です。



保険相談・お問合せ

わたしへの保険相談・お問合せはこちらから。

髙橋 則彦(このブログを書いている人)のプロフィールはこちら

関連記事1

感想をもらえるととても喜びますw(※ 相談とかでもOKですよ。)

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は「必ず」入力が必要です。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。