自動車保険を通常よりも安く契約できる方法

   2017/10/19 

今日は、自動車保険を通常よりも少し安く契約する方法についてご紹介しちゃいます。

しかし、この方法はですね、その保険会社により、やや違いますので、あくまで我々のところでの内容ということで、各社、いくらか違うということを予めご理解ください。

 

1.複数台の契約

さて、早速ですが、その方法は、俗に、セミフリートとか、ペアフリートとかって呼ばれています。

これは調べたわけではありませんが、自動車が10台以上の明細での契約のことをフリートと呼んでいますので、そこまではいかないけれど、複数台のものを、セミとかペアとかって読んでいるのだと思います。(たぶん。)

 

2.具体的な要件

簡単に言いますと、契約者およびその家族の自動車が2台以上の場合に、1契約にまとめることができます。そうすることで、通常よりも割引になります。これは、台数が多いほど割引も多くなります。

それから、通常、保険料は、1年契約で一括で払うよりも、1年契約で月払いする場合の方が5%高くなっています。それがなんと、このやり方なら一括の場合と同額になるのです。割り増し無し。

なので、一回でも12回でも総額が同じですので、選択の幅が拡がります。

 

3.気をつけたいこと

ただし、払い込みは一箇所になります。例えば、親子とかで、財布が別なので、別々の口座から支払いたいという希望があるかもしれませんが、それはできませんという話です。あくまで、一箇所なのです。

それと、もう一つ、そこまで頻繁には無いようなことですが、車を買い替えたり、内容を変更したいような場合。追加料金が発生する場合になりますが、その料金を直ちに支払ってもらわないと変更手続きが完了できないことがあります。これは、12回払いの場合ですね。

例えば、翌月以上先の日付で変更するのなら問題は生じないのですが、そんなに前もってというケースはまずありませんので、12回払いのケースで期間の途中に内容の変更をする場合は、結構不便ですね。

あと、自動車保険は3年契約がオススメなんですが、このやり方ですと1年しか選べません。

長期自動車保険については、コチラのエントリーが参考になります。

 

4.最後に:使い勝手はある

ということで、昨年の制度変更で、事故があり保険を利用した場合、ますます3年契約の方が有利になるわけですが、このやり方をした場合の割引メリットは、確実にあるわけですので、好みに応じて活用してみてください。

ちなみにうちでは、メリットがあることは理解した上で、既に引き受けている契約の更新以外では、新たにこのやり方での引受は現在行っていません。

理由は、契約変更時の料金を即、支払わなければならないケースなどのデメリットの部分や一気に手続きするようになるため解り難くなることなどを総合的に判断した結果です。

なので、ご希望の方はやっているところに頼んでください。

それでは今日はこの辺で。

保険相談・お問合せ

わたしへの保険相談・お問合せはこちらから。

このブログを書いている人のプロフィールはこちら

関連記事

ありましたら感想を。

メールアドレスは公開されません。ので、その点は安心です。
また、* が付いている欄は「必ず」入力が必要です。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。