東電、来年4月の電力の小売自由化後は、セット割引の全国展開で顧客獲得へ 通信、ガス、住宅、損保など

   2015/11/27 

東電の広瀬社長が約1年後の電力小売り全面自由化後についてのビジョンを毎日新聞のインタビューで語っていたのでご紹介。

広瀬社長は、来年4月からスタートする電力の小売の自由化後について、

・電気

・ネットや電話などの通信インフラ

のセット割引での全国展開を目指す考え。

加えて、

・ガス

・住宅

・損害保険会社

など、各分野との提携 → セット割も検討していくとのこと。

2016年4月の電力小売り全面自由化に向け、大手通信会社と提携し、電気と通信(電話やインターネット)のセット割引の全国展開を目指す方針を明らかにした。都市ガスや住宅、損害保険会社との提携も検討し、各分野でのセット割引で顧客獲得につなげたい考えも示した。

引用元:東京電力:電気と通信、ガス、損保などとセット割引を検討 – 毎日新聞

最後に

通信もエネルギーも金融も、どれも特色を出し辛いものなので、最終的には値段勝負。きっと、携帯キャリアとか、光りのような状況になってくるんだろな。

なので、早くもセット割とかそういう発想になっているわけで。ただ、保険は規制の問題があるから、法改正とかが無いと、他所の業界みたいな感じでの割引だとかキャッシュバックだとかってワケにはいかないだろう。

まあ、ユーザーとしては、いいものが安く、利用しやすくなればそれでいいんだけど・・・。供給能力の問題もあるだろうけど、スマホみたいに定額制とかも出て欲しいです。しかも安く。(笑)

    ※ シェアお気軽に!(※ 何か反応があると、書いている方としては嬉しいものです。張り合いが違う。)




※ フォローもお気軽に!!



Instagram

follow us in feedly
更新情報をプッシュ通知で知りたい場合は↓を。※ iosはこちらのアプリが必要です。



保険相談・お問合せ

わたしへの保険相談・お問合せはこちらから。

髙橋 則彦(このブログを書いている人)のプロフィールはこちら

関連記事1

感想をもらえるととても喜びますw(※ 相談とかでもOKですよ。)

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は「必ず」入力が必要です。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。