生命保険を見直し中の知人へ「保険はローンとは違いやめられるので大丈夫!!」と言ったという話

   2016/02/02 

今回は、以前に知人と喋ったときに、ほとんど偶然保険の話の流れになりまして、その人にアドバイスを求められたときのことを書きます。

見直し中だがどうしていいか困っていた

そもそもは、保険の相談のために会ったわけではないのですが、なんか偶然そうなったんですよね。

で、内容は、今丁度生命保険の見直し中(他所に加入中なので、相談も他所に相談中)だって話で、どうしていいか困っていたと。それで、商品名を言って、こういう奴にしようかと思っているんだけど、いいやつだよね!?みたいなことを聞かれるわけですよ。笑

気持ちは解るんだけど・・・。

固定費は出来るだけ少ないほど環境に適応しやすい

で、あと生活設計全般のことについての話にもなったんだけど、自分がしたアドバイスは、今時は特に変わりやすい世の中だから、生活コストは出来るだけ低めにしておいた方が対応しやすいよ!という話をしました。

勤め先が買収だ、合併だとなれば、大幅な事業の見直しが行われ、大規模なリストラってことも普通に有るわけだから。そしたら、事実上倒産と同じような感じになり、転職 → 大幅な収入減ってこともそれこそ普通に有り得る。

つまり、極端なこと言えば明日のことは判らないと。なので、出来るだけ環境に適応し、安定的に家計を運営していくためには、固定費は少ないほどいいわけです。そう、恐竜とかは絶滅したけど人類は生き残ってきたように。(ちょっと大げさかもだけど)

変な話、固定費ゼロ円だったら、無収入でも暮らしていけることになりますよね。まあ、現実的にゼロということはあり得ないとしても、出来るだけ低ければ、チョビッとのお金で暮らしていけるので、これまで年収が500万だった人が、100万とかになったってヘッチャラとなる。

つまり、沢山あった余裕が、減ってもまだいくらかは余裕がある状態であれば、暮らしていく上で問題は起きないというわけだ。この話を10年位前の自分にしてあげたかったな~、みたいな。笑

保険はローンとは違いやめられるので大丈夫という話

で、そんな話をして、また保険の話に戻るんだけど、でもその人的には、

「話は解るけど、でも、やっぱり使いたいじゃない!!!」

と、こう来る。

で、自分が言ったのは、

「保険は借金と違って、最悪払えなくなったり辞めたくなったら、普通はいつでもやめれるから大丈夫だよ」

と言ったのだった。

最後に

なので、住宅ローンとか組む時よりは大分軽い感じで考えても、払えなくなるリスクについては、やめれる分かなり問題は小さいかと。

    ※ シェアお気軽に!(※ 何か反応があると、書いている方としては嬉しいものです。張り合いが違う。)




※ フォローもお気軽に!!



Instagram

follow us in feedly
更新情報をプッシュ通知で知りたい場合は↓を。※ iosはこちらのアプリが必要です。



保険相談・お問合せ

わたしへの保険相談・お問合せはこちらから。

髙橋 則彦(このブログを書いている人)のプロフィールはこちら

関連記事1

感想をもらえるととても喜びますw(※ 相談とかでもOKですよ。)

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は「必ず」入力が必要です。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。