中長期的に信頼を得ようと思えば顧客の喜ぶ仕事をする必要がある

   2017/10/19 

なんか日々ニュースを見ていたりすると思うことなんですが、特に生命保険の営業職員に対しての書かれ方がしょうも無い感じで書かれていたりします。特に国内社のレディーと呼ばれる人たち・・・。

 

喜ばれないようなことをやり続けてきた証拠

やはり、昔から火の無いところになんとかかんとかと言いますし、わたしとしても全てとは言わないまでも、ある程度はそういう傾向はあると思うので、具体的な期間は分かりませんけれど、市場からの信用を失うような、逆に言うと喜ばれないような、良くないことをやり続けてきた証拠だろうなぁと思うところです。

 

表面と内容が違うから問題になる

割とつい最近のことでも、某大手保険ショップで、儲かるから初年度手数料100何パーセントとかの商品を中心に提案していたとか・・・。ちなみにその商品の保険会社は、以前話題になったアメリカの保険会社の関係だったとこです。3文字の・・・。

まあ、そこだって会社として経済活動をやっているのだから、神様仏様ではないわけですけれど、いかにもいい人そうな態度で、そうでもないことするから問題なんでしょうね。ならばはじめから、そういう態度で仕事すればさほど驚きも無いのではないかと。

詐欺師や暴力団が、事件になっても差ほど驚きが無いようなものですね。

 

中長期的に信頼を得ようと思えば顧客の喜ぶ仕事をする必要がある

まあ、割と保険業界にはそういう裏表の人が多い気もしますが・・・。

ただし、中長期的に世間からの信頼を得ようと思えば、当然いかにして顧客の喜ぶ仕事をして、気持ち良く、お金(保険料)を支払ってもらうか、ということにエネルギーを使い、それを実際に実行し続ける必要があることは言うまでもありません。

自分で言うのもなんですが、わたしどものところは当然そこにエネルギーを使っています。ですから、我々の収益になることでも顧客の利益にならないことには、ハッキリと、オススメできないことを申し上げたうえで判断をしてもらいます。

 

最後に

長年かけてそういった歴史を作ってきたのなら、信頼を回復するのにも時間がかかることでしょう。

ちなみにこんな記事がありましたが、

生命保険のプランで「松・竹・梅」と3つプランを用意する保険営業マンの狙いとは

こんな安っぽいことは弊社では当然やっていませんし、保険の相談を受け、プランの作成・提案をする立場の人間をセールス担当者みたいには考えていません。保険はある程度の専門性のあるものですし、リスクに備えるためのものですから、単に売りまくればいいという風には思わないからです。

ですから、弊社では、自分達が売りたいものを売るという精神ではなく、顧客の利益、即ち、顧客が喜ぶ仕事をし、気持ち良く保険料を支払ってもらうことに注力しているのです。

従って、セールス担当者ではなく、コンサルタントやアドバイザーとして役割を果たすようにしています。

こういうことを言うと、会社なんだから、利益が出なければ運営していけないみたいに言う人がいますが、それなら、はじめから、採算が合わないよなものはメニューからはずせばいいのですよ。自分で、メニューに載せておいて、誰かのせいみたいに言うのはただの変な人です。

保険相談・お問合せ

わたしへの保険相談・お問合せはこちらから。

このブログを書いている人のプロフィールはこちら

関連記事

ありましたら感想を。

メールアドレスは公開されません。ので、その点は安心です。
また、* が付いている欄は「必ず」入力が必要です。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。