損保ジャパン日本興亜ひまわり生命で契約時の申込印が不要に

   2016/12/19 

損保ジャパン日本興亜グループの生保会社で、昨年末に名前が長すぎて、年末調整の手続きに支障を来たすと、一騒ぎがあった、あの話題の「損保ジャパン日本興亜ひまわり生命」で、「契約する際の手続きの簡素化」が行われた。

ちなみに、正式名称は、

「損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険株式会社」

です。クソなげー笑。クソ言うな。(と、自分で突っ込んでみる。笑)

関連:【年末調整】あまりの社名の長さにネットで騒然 発端の生保会社が同社サイトでナゼか回答へ 

あと、自分のところでも取引がある会社です。(別にPR記事ではありませんが)

この件は、少し時間が経ってしまいましたが、一般の人からはそんなに注目されるような類のニュースでもないので、気にせず記事にしておきます。

それでは、具体的な内容を。

申込印等の廃止および「責任開始期に関する特約」の取り扱い開始

損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険株式会社(社長:髙橋 薫)は、2015年4月2日から、個人のお客さまを対象に申込印等を廃止するとともに、「責任開始期に関する特約」の取り扱いを開始しますので、お知らせします。

ということで、契約を申し込むときの印鑑が不要になったのであります。(口座振替の手続きや法人の場合は基本必要)

要するに、これまで申込書類に「サイン」と「認印の押印」が必要だったのが、サインだけで良くなるので、ちょっと楽チンという話です。ただ、上のカッコ書きでも書いたように口座振替の手続きでは、基本銀行印が必要ですし、法人の場合は、代表印などがこれまで同様必要となります。

だから、結局個人は、印鑑不要になったと言っても口座から支払う場合は、基本銀行印が必要になるので、面倒。だから、カードで支払うようにしちゃえばいいんだよ。そしたら、本当に印鑑不要だから。

あと、ネット銀行で、そもそもないところは不要だったかもです。(経験がないもので)それと「ネット口座振替受付サービス」とか言うやつも。これも、やったことがないので、対象の銀行がどのぐらいあるのかは不明だけど、スマホとかで登録するサービスということ。なので、一部不要で出来るケースも。

さいごに

なんかもう役所の書類とかでも、印鑑ではなく署名でOKのものもあるし、世の中全体がサインな傾向にある。印鑑屋さんは困るだろうなぁ・・・。

でも、印鑑は買ってくれば押せるわけなのでね、どうしても不正が起きやすくなるんだろうと。なので、利便性という意味でも不正防止という意味でもサインの方がいいね。あと、印鑑買わなくてもいいし。

※ もう一つの方の、契約の手続きをして、診査が通れば契約が成立になる「責任開始期に関する特約」については、別のエントリーで紹介しているので、そちらを見てください。

保険相談・お問合せ

わたしへの保険相談・お問合せはこちらから。

このブログを書いている人のプロフィールはこちら

関連記事

ありましたら感想を。

メールアドレスは公開されません。ので、その点は安心です。
また、* が付いている欄は「必ず」入力が必要です。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。