【新社会人向け】生命保険の勧誘のスムーズな断り方について考えてみた ※もちろん、新社会人じゃない人や他のケースでも応用できます

   2016/12/19 

新社会人向けの生命保険の断り方についての記事があったので、取り上げてみよう。

新社会人のための、生命保険の「正しい断り方」 効果テキメンの”殺し文句”を使おう | だから日本人は保険で損をする – 東洋経済オンライン

まあ、詳しい中身は、記事を読んでもらうとしても、「ウソも方便」だとか「ストレートに断れ」だとか、いろいろと書いてありますので。

で、取り敢えず思ったことなんですけどね、「みなさん、そんなに苦労するものなんですか?」ということ。自分は、まったくそういうことで苦労した経験がないので、正直あまり気持ちが解りません。ま、確かにそういう人っているだろうなーというぐらいは思いますけど、でもそんな程度。

相手が「しょうがない」と思うことを言おう

ていうか、普通に断ればいいだけだと思うんですけど。「結構です」とか、「いや、結構なんで」とか。で、それでもウザめの人だったら、相手の気持ちになって少し考えてみましょう。流石にこれを言われたら、「この人は無理だ」「しょうがない」と思うようなことを言えばいいのです。

そうですね、例えば、

「入ったばっかなんでいいです」

とか、

・興味ないんでいいです

・入る気ないんで

・保険嫌いなんで(※ その際、入っていないと困ることになるとか言われても、別になってもいいですと言い切る)

・頼みたい人が他にいるので

・今入っているもので、大変満足しているので

・親戚でやっているので

・カミさん(あるいは、旦那)が保険の仕事しているのでそちらに

・親が(または、カミさんの親が)やっているので

・取引先に保険の関係のところがあるので

とか言えば、分かりましたと終了すると思いますが。それでもうるさければ、「迷惑なので」と言えばいいでしょう。

あまりしつこいのは「犯罪」になる

ちなみに、犯罪についてのルールを規定した刑法の中には、強要罪という罪があります。そうです、あんまりしつこいのは、犯罪になる可能性があるのですよ。そして、実際のケースについて、Wikipedia で紹介されているんですね。「押し売り」で強要罪が成立したケースが。

(強要)
第223条 生命、身体、自由、名誉若しくは財産に対し害を加える旨を告知して脅迫し、又は暴行を用いて、人に義務のないことを行わせ、又は権利の行使を妨害した者は、3年以下の懲役に処する。
2 親族の生命、身体、自由、名誉又は財産に対し害を加える旨を告知して脅迫し、人に義務のないことを行わせ、又は権利の行使を妨害した者も、前項と同様とする。
3 前2項の罪の未遂は、罰する。

相手に買う意思がないのに、無理矢理売りつける行為は刑法第223条の強要罪に該当する。

現在、各地方自治体の迷惑防止条例では「売買等の申込みを拒まれても、物品を展示したり座り込む等をしてその場から立ち去らないこと」を押し売りと定義して、刑事罰を規定している。

というわけで、明確に、不要である意思を伝えても、しつこい人には、「あんまりしつこいと強要罪が成立し、犯罪になる」可能性があることも伝えるといいでしょう。

過去の体験談

自分も事務所にどこかの保険会社の変な男が来た時とか、電話からの営業であり得ないぐらいしつこかった人が、過去に少しだけいました。その人には、上記を説明し、「犯罪の疑いがある。というかあんたんとこ犯罪者なのか?」と言いました。

あと、今後一切の連絡を断ることを告げ、しつこい場合は「刑事告訴する」と告げたことが、そう言えばありました。そこまで言われたら、もう連絡は来ません。

というか、バカだから、説明しないと相手分らなくて、「犯罪ではないでしょ」とか解ったようなこと言っていましたが。なので、上記説明してやったら、黙りこんでいました。いくらなんでも犯罪的なやり方はいかんでしょ。

ひたすら相手にしなという方法も有効

で、なんとか詐欺なんかでもそうみたいですけど、面倒なら、ひたすら相手にしなければいいんです。話かけられても、応じない。このやり方だと1回では終わらないかもですが、ハッキリ言うのに抵抗がある場合は、これがいいかもです。

もう、何を聞かれようと、「結構です」と。あとは、もう目も合わせない。自分が自宅を訪問してきた業者とかには、玄関すら開けません。「要件はなんですか?」と聞いて、必要ない場合は、「結構です」で、終わり。これで、大体は終わります。

要件をもごもごと言わないようなら、そのまま「じゃあ、いらないですとか、間に合ってます」と打ち切るのも有りでしょう。ハッキリしたいなら、ようするに営業ですね?とか聞くのもいいでしょうね。

というわけで、好みに応じて使い分けてみてください。

さいごに

しかし、この生命保険の断り方って・・・、未だにそんな人(業者)結構いるわけ!?別な意味ですごいな。自分では全く考えられないし、ビジネスの基本からは、まったく逆行する話。

そんなやり方で、仕事して楽しいのだろうか・・・。自分は、基本頼まれたらやる派なので、全くそういうものとは無縁である。喜ばれないことは基本しないし、そんなことして金を稼いでも全く嬉しくない。

本当、どこまで認識しているのか判らないが、そういうスタイルで満足している人っていうのは、詐欺師など犯罪者寄りだろう。相手のことはどうでもいいのだから。理解できないな。

保険相談・お問合せ

わたしへの保険相談・お問合せはこちらから。

髙橋 則彦(このブログを書いている人)のプロフィールはこちら

関連記事

感想をもらえるととても喜びますw(※ 相談とかでもOKですよ。)

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は「必ず」入力が必要です。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。