元保険代理店職員が詐欺罪で起訴されるも、判決は無罪に

   2016/12/19 

保険金詐欺を働いたとして、詐欺罪で起訴されていた元保険代理店勤務の男性に無罪が言い渡されました。

保険金詐欺で無罪判決…有罪5人と「共謀ない」 : 社会 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

この事件は、けがをしたと偽り、保険金をだまし取ったというもので、複数名が起訴されていたもの。虚偽の請求書類(診断書や請求書など)を作成し、保険会社から保険金を騙しとったということだ。

男性は、保険会社社員や柔道整復師ら5人と共謀して2013年2~5月、うち1人が駅の階段で足を捻挫したとの虚偽の保険金請求書を作成するなどし、保険会社から保険金35万円を詐取したとして起訴された。男性以外の5人は有罪判決が確定している。

上記引用文にあるように、男性以外の5人は既に有罪が確定。が、この男性に関しては、無罪となったと。ちなみに、検察は控訴はしない考えのようなので、これで、無罪が確定するのだろう。

一度は認めていた

この男性は、逮捕された(14年4月)当初は、否認するも取り調べで犯行を認めていたということだ。しかし、裁判では一転し、「不正請求と知らなかった」と犯行を否認。

検察は、主犯格の男の供述から不正の認識があったと主張。が、裁判所の判断は、当事者の供述や事実関係に矛盾があるとして、「男性と男らの共謀は認められない」と判断。また、取り調べ時の供述調書についても信用性を否定している。

さいごに

むむむむむ。なんだか、保険代理店がらみの事件のニュースが増えたように思う。あと、保険金詐欺もね。この男性も弱みでも握られていたのだろうか。

で、実際のところは判らないね。本人達しかこれは分からないこと。警察にしても検察にしても、初めにストーリーを決めて、そこに無理やり当てはめていく傾向があると聞く。なので、この取り調べ時には認めていたというのも、実際の事実はなんだか判らないものだろう。

しかし、毎回のことだが、この手の保険金詐欺は金額がとても低い。35万でご苦労なことである。まあ、コンビニとか牛丼屋とか、タクシーとかを強盗する人もいるぐらいだからね。純粋に金目当てにやっているとすれば、本当に微妙な話である・・・。

 

保険相談・お問合せ

わたしへの保険相談・お問合せはこちらから。

髙橋 則彦(このブログを書いている人)のプロフィールはこちら

関連記事1

感想をもらえるととても喜びますw(※ 相談とかでもOKですよ。)

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は「必ず」入力が必要です。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。